20代女性の美容

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。
明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。


肌で老けて見られてしまうポイントは、ほうれい線/首/手です。
女の子の似顔絵にほうれい線を付け足してみてください。すると一瞬でおばあちゃんの顔になってしまうのです。それほどキーポイントになるということです。
またテレビを見ていて昔のアイドルが久々に出演していて、やっぱり芸能人はいくつになっても綺麗だなって思いますよね。
でもそれもつかの間、アップになった瞬間・・・あれ?!何かちがう・・・首元です。顔はお化粧でいくらでも修正できますが首元はかくしきれないのです。
そして”手”。親指と人差し指の間の付け根。白く乾燥していませんか?てを抜きがちですがしっかりとお手入れをしてあげれば綺麗になるのです。
冬場のハンドクリームはもちろん食器を洗うときはゴム手袋をつける。なにかと面倒ですが歳を重ねたら重ねた分手間をかけてあげないといけないのです。
爪もネイルサロンで綺麗にしてもらえるのが1番の理想ですが、時間もお金もかかります。そんな時は市販のトップコートだけでもぬってみてください。これだけで大分見た目がかわります。透明なら雑にぬってっも、はげても目立ちません!!しかもはげてしまってもわざわざ除光液で落とさなくてもはげた上からまた重ねぬりできちゃうんです。落とす時も色味のあるものやラメが入っているものとちがって落としやすいです。色味がなくても”つるん”とした見た目が綺麗で清潔にみえるのです!!
綺麗でいるためには時間と努力が必要なのですね☆
みなさん綺麗になるために頑張りましょう♪

 - 美容の話

  関連記事

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。