20代女性の美容

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか?
風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけるのに、体内で大量のビタミンCが必要になる為です。ビタミンCがなくなることで、体内が活性酸素によって 酸化されやすくなってしまうのです。


更に、ウイルスによって破壊された鼻やのどの粘膜の再生にもビタミンCが必要になります。風邪の時は体内でビタミンCが多く消費されてしまうため、お肌の健康に使われるビタミンCが不足し、お肌が荒れてしまうのです。
ビタミンCは、コラーゲンを作るのに必要不可欠です。お肌のハリはそのコラーゲンによって保たれるので、ビタミンCが不足すると、お肌も荒れてしまうということです。お肌に重要なビタミンCを、お肌の為にたっぷり消費できるよう、風邪をひかないように注意する事も大事ですね。普段、ビタミンを意識していない方も、風邪を引いたときは、お肌の為にビタミンCをたくさん摂取してあげましょう。
■風邪を引かないように免疫力UP方法
最も手軽な免疫力アップの方法はお風呂です。筋肉の緊張を緩めて気持ちをリラックスさせてくれるお風呂は、からだを温めることによって免疫システムを活性化させてくれる効果もあります。入浴時は、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。アロマオイルなどを利用すると、更にリラックス効果が得られます。
風邪をひいた時のアロマ
・ペパーミント・サイプレス・ティートゥリー・ラベンダー・ローマンカモミール
冷え性を改善するアロマ
・ネロリ・ラベンダー・スイートオレンジ・レモングラス・マジョラム・サンダルウッド
リフレッシュする時のアロマ
・レモングラス・タイム・ローズマリー・サイプレス・ティートゥリー
眠りによいアロマ
・スイートオレンジ・ローマンカモミール・ネロリ・ラベンダー・マジョラム・サンダルウッド

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。