20代女性の美容

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか?
風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけるのに、体内で大量のビタミンCが必要になる為です。ビタミンCがなくなることで、体内が活性酸素によって 酸化されやすくなってしまうのです。


更に、ウイルスによって破壊された鼻やのどの粘膜の再生にもビタミンCが必要になります。風邪の時は体内でビタミンCが多く消費されてしまうため、お肌の健康に使われるビタミンCが不足し、お肌が荒れてしまうのです。
ビタミンCは、コラーゲンを作るのに必要不可欠です。お肌のハリはそのコラーゲンによって保たれるので、ビタミンCが不足すると、お肌も荒れてしまうということです。お肌に重要なビタミンCを、お肌の為にたっぷり消費できるよう、風邪をひかないように注意する事も大事ですね。普段、ビタミンを意識していない方も、風邪を引いたときは、お肌の為にビタミンCをたくさん摂取してあげましょう。
■風邪を引かないように免疫力UP方法
最も手軽な免疫力アップの方法はお風呂です。筋肉の緊張を緩めて気持ちをリラックスさせてくれるお風呂は、からだを温めることによって免疫システムを活性化させてくれる効果もあります。入浴時は、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。アロマオイルなどを利用すると、更にリラックス効果が得られます。
風邪をひいた時のアロマ
・ペパーミント・サイプレス・ティートゥリー・ラベンダー・ローマンカモミール
冷え性を改善するアロマ
・ネロリ・ラベンダー・スイートオレンジ・レモングラス・マジョラム・サンダルウッド
リフレッシュする時のアロマ
・レモングラス・タイム・ローズマリー・サイプレス・ティートゥリー
眠りによいアロマ
・スイートオレンジ・ローマンカモミール・ネロリ・ラベンダー・マジョラム・サンダルウッド

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。