20代女性の美容

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか?
風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけるのに、体内で大量のビタミンCが必要になる為です。ビタミンCがなくなることで、体内が活性酸素によって 酸化されやすくなってしまうのです。


更に、ウイルスによって破壊された鼻やのどの粘膜の再生にもビタミンCが必要になります。風邪の時は体内でビタミンCが多く消費されてしまうため、お肌の健康に使われるビタミンCが不足し、お肌が荒れてしまうのです。
ビタミンCは、コラーゲンを作るのに必要不可欠です。お肌のハリはそのコラーゲンによって保たれるので、ビタミンCが不足すると、お肌も荒れてしまうということです。お肌に重要なビタミンCを、お肌の為にたっぷり消費できるよう、風邪をひかないように注意する事も大事ですね。普段、ビタミンを意識していない方も、風邪を引いたときは、お肌の為にビタミンCをたくさん摂取してあげましょう。
■風邪を引かないように免疫力UP方法
最も手軽な免疫力アップの方法はお風呂です。筋肉の緊張を緩めて気持ちをリラックスさせてくれるお風呂は、からだを温めることによって免疫システムを活性化させてくれる効果もあります。入浴時は、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。アロマオイルなどを利用すると、更にリラックス効果が得られます。
風邪をひいた時のアロマ
・ペパーミント・サイプレス・ティートゥリー・ラベンダー・ローマンカモミール
冷え性を改善するアロマ
・ネロリ・ラベンダー・スイートオレンジ・レモングラス・マジョラム・サンダルウッド
リフレッシュする時のアロマ
・レモングラス・タイム・ローズマリー・サイプレス・ティートゥリー
眠りによいアロマ
・スイートオレンジ・ローマンカモミール・ネロリ・ラベンダー・マジョラム・サンダルウッド

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。