20代女性の美容

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。
月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前)
生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌される「プロゲステロン」は、お肌のコンディションを不安定にさせるホルモン。ニキビなどの肌トラブルや、むくみ、シミの原因になります。


このように、女性の肌はホルモンバランスによって1月の間にコンディションが大きくかわります。この周期を理解することで、生理によるお肌のトラブルも解消されることでしょう。
■お肌にプラスなエストロゲンとは
エストロゲンは、お肌の水分を保持し、潤いを保ちます。そして、真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、お肌のハリを保ち、シワやタルミを予防する働きがあります。また、エストロゲンは、ヒアルロン酸やコラーゲンを保つ作用があるので、この時期の肌は潤いもハリもみたされたみずみずしい状態です。新しい化粧品を試したりエステに行くのも大丈夫です。エストロゲンが最も多く分泌されるのは、月経の終わりから排卵までです。
■お肌にマイナスなプロゲステロンとは
プロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがあります。生理前にニキビができやすいのはそのためです。過剰な油はキビの原因になります。また、妊娠に備えた体をつくるもので、体内に水分た溜めこみ、むくみを引き起こします。プロゲステロンは生理の2週間前から月経の終わりまでに多く分泌されます。
この周期に合わせて、お肌のお手入れをしてあげれば、肌トラブルも改善することができます。まず、生理前は余分に分泌された肌の皮脂をしっかり取り去ること。ふき取り化粧水やピーリング、肌に負担の少ない範囲でのゴマージュなどで角質のお手入れをしましょう。これによってくすみや肌荒れも改善します。
また、内部からのケアももちろん重要です。ビタミンB2,B6をたっぷりとること。脂質の代謝を促進してくれますよ。具体的には、B2は牛乳、レバー、納豆、B6はマグロ、サバなどの青魚やバナナなどです。
☆月経期
生理中の1週間の期間です。子宮で不用になった血液や老廃物を排出します。女性ホルモンが一番少ない時期で栄養が不足しがちです。毛穴の開き・肌荒れに注意しましょう。
☆卵胞期
生理後の1週間です。ホルモンの分泌が盛んになり、血流も盛んになります。また皮膚のコラーゲンが増えみずみずしい肌がつくられます。周期の中で一番安定した期間です。
☆黄体前期
排卵日から1週間です。子宮での粘液の分泌が盛んになります。皮脂の分泌も盛んになり肌がべたつきます。肌トラブルは少ない時期でが、生活リズムの崩れなどに影響うけやすい時期でもあります。
☆黄体後期
生理前の1週間です。黄体ホルモンの分泌が盛んになります。肌の水分量が減り、油分が多くなります。体内で活性酸素が作られやすく、メラニン色素も生成されやすくなります。自律神経のバランスも不安定になってイライラしやすくなったり、体調を崩しがちです。アレルギー反応も出やすくなります。ニキビ・シミ・シワ・くすみに注意しましょう。
※黄体ホルモンは女性ホルモンの一つで、子宮の中を受精卵が着床しやすい状態にする働きがあります。また受精した後も妊娠を維持させたり、乳腺を発達させたりするなどの働きがあり、妊娠に不可欠なホルモンであるのですが、肌にとっては、油分が多くなりトラブルがおきやすい時期になります。

 - 美肌を保つ

  関連記事

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。