20代女性の美容

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしましょう。


■生地
綿・麻・絹は太陽の熱を繊維の内側に溜めて、裏側に熱を通しません。また、厚手のものや、二枚重ねのものも熱を通しにくいので日傘として効果的です。ポリエステルは熱を帯びるので日傘の内側が熱くなり熱がこもります。
■色
日傘はほとんどが白と黒で、デサイン性のあるものでも、たいていは白黒のどちらかにあてはまります。黒と白はそれぞれ紫外線のカットの仕方が異なります。白は全ての光を反射しているので白く見えます。黒は全ての光を吸収するので黒く見えます。つまり、白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、お肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。どちらが紫外線を多くカットできるかは黒の方が少し高いようです。
ここで一つ注意したいのが、アスファルトによる照り返しです。紫外線は上からも下からも当たっているということです。そのため日傘の内側は白よりも黒の方がよいでしょう。また、日傘だけでは紫外線は完全にカットできません。日焼け止めを一緒に使うことで更に効果が高まります。
■日傘がカットしているもの
日傘は紫外線の他に可視光線、赤外線もカットしてくれます。可視光線とは目で見る事ができる電磁波で、人はこの電磁波が目に入ることによって色を感じることができます。赤外線とは目で見えない電磁波で、熱効果が高いです。太陽の日差しが暑いのもそのためです。
■寿命
日傘の寿命は2~3年といわれています。もちろん、しっかりとお手入れをした場合です。しかっり乾燥させ、暗い場所で保管しましょう。
日傘のUVカットのしくみは、日傘になる前の生地を染色する段階でUVカットの薬品を混ぜています。

日焼けはお肌の敵です。そばかすやニキビの原因、そして乾燥まで引き起こします。それによりお肌のコンディションが乱れ、さらに炎症を起こしやすい肌となってしまします。
炎症を起こしている肌に紫外線があたると、色素沈着を起こし悪循環のはじまりです。しかし、私たちが地球上で生活するには紫外線を取り除くことはできません。まずは紫外線の性質をよく理解して、紫外線が多い時間帯10時~14時の間の外出は控えたり、紫外線をたくさん浴びた日はビタミンCの補給を心がけたり、自分にできることから少しずつ取り入れてみましょう。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …