20代女性の美容

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。
猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。
まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきしまります。逆に、筋肉を使わずに背中を丸めてばかりいれば、みるみる衰えていきます。筋肉が衰えれば代謝も落ち余分な脂肪も付きやすくなります。


正しい姿勢とは、まず、息を吸っておなかを引っ込めます。内臓を上に持ち上げる感じです。そして、肩を下に押し下げます。首の後ろを伸ばします。(後頭部を後ろ斜め上にひっぱられるイメージです。)ヒップは力を入れてしめます。歩く時も常にこの状態をキープしましょう。慣れるまでは辛いかもしれませんが、この姿勢を常に保つことができれば、適度な筋肉をが付き基礎代謝も上がりダイエット効果にも繋がります。胸張って背中の贅肉を使うのもいいでしょう。胸張りダイエットは、骨盤の歪みを矯正する効果があります。背中以外にも、お腹や下半身のぜい肉をとり、バストアップを実現します。
■リンパマッサージ
リンパマッサージのポイントは順番・方向・圧です。
まずは、リンパの最終出口である鎖骨から始めて、出口をキレイにしてから徐々に遠くのリンパまで順番に行いましょう。最終出口の鎖骨の下のリンパは静脈との合流地点のため、とても詰まりやすいのです。そのため、一番最初にこの部分をほぐしておくと、リンパの通りが効率よく通るのです。
方向は、鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚の順。
圧をかけるときは、力をかけすぎ優しく圧をかけます。リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
リンパの場所は体中に網の目のように張り巡らされていて、全身で800個のリンパがあるといわれています。このリンパをすべて把握するのとても困難です。場所よりもどの順番で流すかが大切です。重要なリンパ節がどこにあるのかを把握し順序よく行いましょう。
■主なリンパ節は
 鎖骨(鎖骨リンパ節)
 脇の下(腋かリンパ節)
 アゴの下(顎下リンパ節)
 腹部(腹部リンパ節)
 脚の付け根(そけいリンパ節)
 ひざ裏(膝かリンパ節)
 耳の前(耳下腺リンパ節)
 肘(肘リンパ節)

 - 美容の話

  関連記事

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。