20代女性の美容

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。
猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。
まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきしまります。逆に、筋肉を使わずに背中を丸めてばかりいれば、みるみる衰えていきます。筋肉が衰えれば代謝も落ち余分な脂肪も付きやすくなります。


正しい姿勢とは、まず、息を吸っておなかを引っ込めます。内臓を上に持ち上げる感じです。そして、肩を下に押し下げます。首の後ろを伸ばします。(後頭部を後ろ斜め上にひっぱられるイメージです。)ヒップは力を入れてしめます。歩く時も常にこの状態をキープしましょう。慣れるまでは辛いかもしれませんが、この姿勢を常に保つことができれば、適度な筋肉をが付き基礎代謝も上がりダイエット効果にも繋がります。胸張って背中の贅肉を使うのもいいでしょう。胸張りダイエットは、骨盤の歪みを矯正する効果があります。背中以外にも、お腹や下半身のぜい肉をとり、バストアップを実現します。
■リンパマッサージ
リンパマッサージのポイントは順番・方向・圧です。
まずは、リンパの最終出口である鎖骨から始めて、出口をキレイにしてから徐々に遠くのリンパまで順番に行いましょう。最終出口の鎖骨の下のリンパは静脈との合流地点のため、とても詰まりやすいのです。そのため、一番最初にこの部分をほぐしておくと、リンパの通りが効率よく通るのです。
方向は、鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚の順。
圧をかけるときは、力をかけすぎ優しく圧をかけます。リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
リンパの場所は体中に網の目のように張り巡らされていて、全身で800個のリンパがあるといわれています。このリンパをすべて把握するのとても困難です。場所よりもどの順番で流すかが大切です。重要なリンパ節がどこにあるのかを把握し順序よく行いましょう。
■主なリンパ節は
 鎖骨(鎖骨リンパ節)
 脇の下(腋かリンパ節)
 アゴの下(顎下リンパ節)
 腹部(腹部リンパ節)
 脚の付け根(そけいリンパ節)
 ひざ裏(膝かリンパ節)
 耳の前(耳下腺リンパ節)
 肘(肘リンパ節)

 - 美容の話

  関連記事

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。