20代女性の美容

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。
猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。
まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきしまります。逆に、筋肉を使わずに背中を丸めてばかりいれば、みるみる衰えていきます。筋肉が衰えれば代謝も落ち余分な脂肪も付きやすくなります。


正しい姿勢とは、まず、息を吸っておなかを引っ込めます。内臓を上に持ち上げる感じです。そして、肩を下に押し下げます。首の後ろを伸ばします。(後頭部を後ろ斜め上にひっぱられるイメージです。)ヒップは力を入れてしめます。歩く時も常にこの状態をキープしましょう。慣れるまでは辛いかもしれませんが、この姿勢を常に保つことができれば、適度な筋肉をが付き基礎代謝も上がりダイエット効果にも繋がります。胸張って背中の贅肉を使うのもいいでしょう。胸張りダイエットは、骨盤の歪みを矯正する効果があります。背中以外にも、お腹や下半身のぜい肉をとり、バストアップを実現します。
■リンパマッサージ
リンパマッサージのポイントは順番・方向・圧です。
まずは、リンパの最終出口である鎖骨から始めて、出口をキレイにしてから徐々に遠くのリンパまで順番に行いましょう。最終出口の鎖骨の下のリンパは静脈との合流地点のため、とても詰まりやすいのです。そのため、一番最初にこの部分をほぐしておくと、リンパの通りが効率よく通るのです。
方向は、鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚の順。
圧をかけるときは、力をかけすぎ優しく圧をかけます。リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
リンパの場所は体中に網の目のように張り巡らされていて、全身で800個のリンパがあるといわれています。このリンパをすべて把握するのとても困難です。場所よりもどの順番で流すかが大切です。重要なリンパ節がどこにあるのかを把握し順序よく行いましょう。
■主なリンパ節は
 鎖骨(鎖骨リンパ節)
 脇の下(腋かリンパ節)
 アゴの下(顎下リンパ節)
 腹部(腹部リンパ節)
 脚の付け根(そけいリンパ節)
 ひざ裏(膝かリンパ節)
 耳の前(耳下腺リンパ節)
 肘(肘リンパ節)

 - 美容の話

  関連記事

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。