20代女性の美容

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。
その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。
毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。
気温が高い夏は、汗を出して体を冷やそうとします。気温が低い冬は毛穴を閉じて体温を保とうとします。
毛穴の黒ずみの原因は角栓が酸化しておこる現象です。原因の基となる角栓は、皮脂が必要以上に分泌されてべたつくことにより、汚れが付着しやすくなります。それが毛穴に詰まり角栓となるのです。


角栓を減らす為には皮脂の分泌を必要以上に増やさないことが大切です。皮脂は食生活や精神面のバランスにより変化します。油っぽい食事やお菓子の食べ過ぎ、香辛料などの刺激物の取り過ぎに注意しましょう。毛穴対策として化粧水や乳液を使って外から栄養を与えることも必要ですが、体の内側から栄養を与えることも重要です。毛穴を意識して栄養摂取するのであれば、以下の栄養素を積極的に摂取するとよいでしょう。
ビタミンB1・・・新陳代謝を促す
ビタミンB2・・・細胞の再生を助ける
ビタミンB12・・・疲れを解消する
ビタミンB6・・・肌荒れを解消する
角栓を除去する正しい方法
洗顔前に蒸しタオルを顔に数分間乗せて毛穴を開かせましょう。次に洗顔です。角栓を除去する上で一番重要です。使用する洗顔料は弱アルカリ性の純石鹸にしたっぷり泡立てます。泡立ちが不十分だと肌に不必要な摩擦が起こり肌に負担がかかります。泡を毛穴に押し当てるような感じで洗顔します。洗い残しがないよう、しっかりとすすぎましょう。最後に保湿・肌への水分補給です。洗顔後は皮脂が少し多めに除去されているので水分補給が欠かせません。十分に保湿をしましょう。ここでオイル入りのものを使用するとそれが原因でまた毛穴の角栓を生成してしまいます。

 - 美肌を保つ

  関連記事

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …