20代女性の美容

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。
その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。
毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。
気温が高い夏は、汗を出して体を冷やそうとします。気温が低い冬は毛穴を閉じて体温を保とうとします。
毛穴の黒ずみの原因は角栓が酸化しておこる現象です。原因の基となる角栓は、皮脂が必要以上に分泌されてべたつくことにより、汚れが付着しやすくなります。それが毛穴に詰まり角栓となるのです。


角栓を減らす為には皮脂の分泌を必要以上に増やさないことが大切です。皮脂は食生活や精神面のバランスにより変化します。油っぽい食事やお菓子の食べ過ぎ、香辛料などの刺激物の取り過ぎに注意しましょう。毛穴対策として化粧水や乳液を使って外から栄養を与えることも必要ですが、体の内側から栄養を与えることも重要です。毛穴を意識して栄養摂取するのであれば、以下の栄養素を積極的に摂取するとよいでしょう。
ビタミンB1・・・新陳代謝を促す
ビタミンB2・・・細胞の再生を助ける
ビタミンB12・・・疲れを解消する
ビタミンB6・・・肌荒れを解消する
角栓を除去する正しい方法
洗顔前に蒸しタオルを顔に数分間乗せて毛穴を開かせましょう。次に洗顔です。角栓を除去する上で一番重要です。使用する洗顔料は弱アルカリ性の純石鹸にしたっぷり泡立てます。泡立ちが不十分だと肌に不必要な摩擦が起こり肌に負担がかかります。泡を毛穴に押し当てるような感じで洗顔します。洗い残しがないよう、しっかりとすすぎましょう。最後に保湿・肌への水分補給です。洗顔後は皮脂が少し多めに除去されているので水分補給が欠かせません。十分に保湿をしましょう。ここでオイル入りのものを使用するとそれが原因でまた毛穴の角栓を生成してしまいます。

 - 美肌を保つ

  関連記事

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …