20代女性の美容

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。
また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。
除光液を使った後、爪が白っぽくなりませんか?これは爪の水分が急激に奪われている証拠です。除光液を使用した時は、クリームやキューティクルオイルを塗って、乾燥を防ぎましょう。


爪の成分のほとんどはタンパク質ですからできているため、たんぱく質が不足すると二枚爪になります。体調が悪かったり、栄養バランスが悪いと、爪の色が変色したり、線が入ったり、二枚爪になってしまいます。
二枚爪を防ぐ為には、乾燥・たんぱく質不足に注意をすること。そして、爪切りは使わず、やすりを使う事です。カーブを描いている爪を爪切りでパチッと切れば小さな亀裂が入り、二枚爪になりやすくなってしまいます。もし、爪切りを使う場合は、入浴後の爪が柔らかい時に済ませましょう。
★爪の成分
爪は堅いですが骨や軟骨ではありません。爪は皮膚の付属物で角層が変化した物なのです。この角層は堅いケラチンからできていて細胞がありません。出来立ての爪は柔らかく傷つきやすい為、皮膚に覆われて守られているのです。その皮膚が甘皮です。ネイルをする場合、見栄えとネイルの持ちを良くするため、この甘皮を取り除きますが、爪の健康を損なうので、やりすぎには注意しましょう。
★ささくれ
ささくれは角層の水分と脂肪が少なくなるために起こります。血液の循環障害がなくても起こってきます。人間の皮膚の表面は脂肪と汗によって脂肪膜ができ、これに覆われているのです。この脂肪膜は皮膚を守るためにありますが、人によってはこれが大変少ない場合があります。脂肪膜が少ないと言う事は肌が荒れやすいと言う事で、ささくれや、ひび、手湿疹などができやすいと言えるでしょう。ささくれは、はさみや爪きりで取り除きましょう。むりにはがすと、細菌が入りやすくなり、炎症を起こしてしまう場合があります。

 - 美容の話

  関連記事

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …