20代女性の美容

痩せやすい時期と太りやすい時期

女性の体には、痩せやすい時期と、太りやすい時期があります。
女性の場合、生理前や生理中は食欲が旺盛になったり、女性ホルモンの関係で太りやすくなってしまいます。しかし生理が終わった後は痩せやすい時期に入るのでその時期をうまくダイエットに活用しましょう。


とはいっても、毎月必ずやってくる生理。太って、やせて、太っての繰り返している方も多いはず。
生理前や生理中太りやすく痩せにくいので、この時期はダイエットを頑張るのではなく現状維持をキープし、過剰な飲を控えられれば上出来です。生理中や生理前後は精神的に不安定な時期なので、我慢するダイエットをしてもストレスがたまりドカ食いをして失敗に終わることもあります。この時期はあまりストレスがかからないように工夫してダイエットをしましょう。問題は整理後です。生理後の痩せやすい時期をうまく活用し、効率よくダイエットを始めると効果的に痩せることができます。
生理が終わってからの2週間は、代謝が高まって体脂肪が燃焼されやすい期間です。この時期に効果的な運動はウォーキングのような有酸素運動です。これにプラスして、基礎代謝をアップさせるための筋肉運動として(ダンベル運動など)を行なうとより効果的です。この時期はからだが自然に余分なものを排出させようとしているので、ダイエットには最適な時期になるのです。
女性には人生で太りやすい時期が2、3回あります。はじめは成長期、十代の頃です。次に妊娠したときで、次は閉経後、中年太りがこれにあたります。女性ホルモンの関係で太りやすくなります。それぞれの時期は精神的にも不安定になりやすく、ダイエットをしてもなかなかうまくいかないことが多いですが、ホルモンの影響なので仕方がないのです。ダイエットに失敗しても自分を責めないようにしましょう。それぞれ女性にとっては大事な時期なので、ダイエットするときは体を壊さないように気をつけましょう。

 - ダイエット・カロリー消費

  関連記事

過度な運動はダイエットの妨げになる

運動のやりすぎは筋肉を固くして、女性本来のしなやかな体のラインが損なわれます。 体型キープや健康のために、運動を続けている人は多いとおもいます。ところが、それが逆に女性らしいボディ作りを阻んでいるというのです!

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

プロテインダイエットでマイナス5キロ

プロテインとはタンパク質のことをいいます。 タンパク質は体の基本構造と機能をつくり、体の成分の中では水分を除いて一番多いものです。そして体の組織の成長と発達、筋肉、骨の基を、心臓、脳、皮膚、毛髪、爪などの体の構造や血液や抗体などの成分をつく …

生理とむくみの関係

生理によるむくみは、女性ホルモンの影響により引き起こります。症状の度合いには個人差がありますが、生理前に起こる憂鬱をすこしでも解消するために積極的に採りたい栄養素があります、悩んでいる方は普段の食生活から積極的にとりいれてみると良いかと思わ …

ストレッチでカラダも心もリラックス

意識して 体を伸ばすかそうでないかで、カラダのコンディションは大きく違ってきます。 例えば、体が硬い人は股関節周辺の筋肉が固くてと大股で歩けなかったり、猫背や、ケガをしやすかったりなります。

ダイエットの前に便秘解消

★便秘の原因 便秘の主な原因の中には、「不足」というキーワードが存在しています。たとえば、「運動不足」は腹筋の筋力を弱め、腸の蠕動運動を低下させます。これによって、便の通過速度が遅くなり便の水分が大腸内で過剰に吸収された結果、便が硬くなって …

リンパマッサージですっきりフェイスライン

フェイスラインをすっきりさせるために効果的なのがリンパマッサージです。小顔になるためには、リンパマッサージのポイントを押さえましょう。

ウォーキングの前に無酸素運動を取り入れて脂肪を効率よく燃焼させよう

ダイエットをしたいけど過度な食事制限や運動はちょっと・・・という方は、まずウォーキングからはじめてみてはいかがですか? ジョギングやスポーツと比べると消費カローリーは低いものの、ウォーキングは有酸素運動で体脂肪を燃やす効果があり、ウォーキン …

基礎代謝を上げてお手軽ダイエット

■基礎代謝を上げる方法 筋肉が増えると、何もしないでも消費されるカロリー、つまり基礎代謝量が上がります。では、筋肉をつけるにはどうしたらいいでしょうか。まずは運動。運動を「毎日続ける」ことが大事です。