20代女性の美容

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。


水仕事により皮膚表面の皮脂が奪われることで角質層が壊され、そこへ刺激物が当たって炎症が起きます。皮膚の表面にある皮脂層は、そもそも外からの刺激を防ぐ大切な役割を果たしています。肌に必要な皮脂と水分の蒸発を防ぎ、洗剤やさまざまな刺激物から手肌を守ってくれます。
しかし皮脂の分泌量は、歳を重ねる毎に少しずつ下がっていきます。ただでさえ乾燥しやすい手肌は、水に濡れたあとそのままにしておくと、ますます水分や皮脂が奪われてしまいます。皮膚はいわば裸も同然。防御するもののない状態になります。そこへ、洗剤やスポンジ、刺激性の高い野菜などが触れれば、手肌はひとたまりもなく攻撃され、乾燥が進み、炎症まで起こりかねません。
とはいっても家事をするうえで、皿洗いや料理はどうしても避けて通れませんよね。水に触れる時間が長ければ長いほど、主婦湿疹リスク度は高くなります。「家族が多く、洗い物がたくさんある」という人などはとくに注意!もちろん、仕事で水仕事をする人なら、さらなる注意が必要です。。
また、アトピー素因のある人は、主婦湿疹になりやすいといわれています。アトピー性皮膚炎だけでなく、ぜんそくや花粉症などもあてはまります。
少し面倒ですが水仕事をするときはゴム手袋を必ず使用し、合成洗剤の使用は避けましょう。その後は必ずハンドクリームを塗ってケアしてあげましょう。
市販のものでは、保湿効果が期待できるヒアルロン酸や尿素、また肌への刺激が少ないワセリン、グリセリンなどが成分として配合されているものがおすすめです。
そして炎症に対抗するために、体の内側か抵抗力をつけましょう。「そういえば最近、疲れやすいかも…」という人は、まず生活を見直してみるのも良いでしょう。例えば、バランスのとれた食事を朝昼晩、きちんと摂る。適度な運動をする。十分に睡眠をとる。毎日の生活の中で体に気を配り疲労を溜め込まないようにしましょう。
悪化する前に、専門医に受診することも大切。医師から処方された保湿剤や副腎皮質外用薬をきちんと使えば、症状そのものはかなり回復するでしょう。主婦湿疹は長引きやすい病気と言われています。小さな積み重ねで5年後、10年後、必ず成果が出てくれるはずです。

 - 美容の話

  関連記事

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。