20代女性の美容

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし、年齢を重ねたからと言って諦める必要もありません。


乾燥肌になるのは、肌の水分が不足しているからだけではなく、保湿力を発揮するセラミド(角質細胞間脂質)の減少も影響します。加齢とともに皮脂が減るのもセラミドが減少するからなのです。乾燥肌になるからと言って、皮脂を補う為にクリームや保湿剤を塗ると肌荒れ等他の皮膚疾患を誘発させる恐れがあるので注意が必要です。
顔には、セラミド配合やヒルアロン酸配合の保湿剤がお勧めで、身体には尿素配合の保湿剤(クリーム)が最適です。
■乾燥の原因になる要素
暖房の長時間使用
長時間入浴と洗剤や石鹸(せっけん)の多量使用
肌のこすりすぎ
栄養バランスの悪い食事
下着や衣類の着用
■冬の乾燥肌対策
冬は気温が下がり、湿度が低くなります。空気が乾燥するのが一番の問題ですが、気温が下がることで体内の代謝機能が弱まり、血液循環が悪くなってしまうことも、乾燥肌へ拍車をかける要因です。
乾燥肌体質の人は冬になると、「しもやけ」や「あかぎれ」など乾燥肌の症状が悪化してしまうことがありますので、冬の保湿対策は念入りに行うようにしましょう。
保湿のためのスキンケアは入浴後に行うことが多いと思いますが、入浴後にすぐ保湿剤を塗らないと入用で温まった肌から水分が蒸発し、乾燥肌の症状がでやすくなってしまいますので注意しましょう。
■乾燥予防対策
暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける。
熱いお湯の長時間入浴は避ける。
液体やクリーム状の洗剤は多量使用に気をつける。
タオルでのこすり過ぎに注意する。
入浴後は保湿剤を塗る。
下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する。

 - 美肌を保つ

  関連記事

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …