20代女性の美容

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。
肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂膜」で外の刺激から守ったり、水分を逃がさないようにしていますが、皮脂腺・汗腺のない唇はこの皮脂膜がつくれません。だから肌以上に、乾燥しやすく荒れやすいんですね。


一方、肌と似たところも。極めて薄い角質層が地道に新陳代謝を繰り返しています。理想的な肌のターンオーバーは28日といいますが、唇のターンオーバーはだいたい3日程度。冬場はあとくに唇が乾燥し唇の皮をはがしてしまうことありませんか?だめだとわかっていてもついとはがしてしまうんですよね。しかし、その後、結構早く回復しませんか? それだけ薄いということの裏返しでもあります。
時々あるのが「肌に使っている乳液やクリームを唇にも使っていい?」という質問。つけて特別“害”があるということはありませんが、唇用には作られていないというのが現実。やはり唇には、唇専用のアイテムを使うことをおすすめします。
◆うるおい
唇のカタチや厚み、大きさもあるけれど、どんな場合でもカサカサ唇はその人の魅力を落としてしまいます。先ほどお話したように唇には、うるおいベールで保護する機能がなく、紫外線もあたることからどんどん乾燥しやすい状態に。その結果が、唇のカサカサ。表面がなめらかでないことは、口紅のノリも悪いということ。カサカサがガサガサになり、やがて皮が剥け放題…女性だけでなく男性でも気をつけたいところです。
うるおい不足の唇にはカサカサともうひとつ問題があります。それは縦ジワ。ぷるんとしたうるおいのある唇にはこの縦ジワは皆無。肌と同じで、ハリや弾力が少なくなり乾いてくると縦ジワが現れます。個人差もありますが、うるおいをキープすることでかなり改善できます。
◆お手入れ
リップクリームやリップバームをつける時は、唇だけでなく、全体の輪郭も全部覆うようにつけましょう。また、唇の溝は意外と深いので、リップ等をぬった後は、
なじませるようにマッサージしてあげましょう。
さらにワンポイント!!
リップクリームをたっぷりなじませ、マッサージをした後、ラップをして、そのままお風呂に入ります。これは唇のケアに抜群の効果が得られます。勿論、ラップを外したらもう一度マッサージすると更にGood!
唇は肌よりも血管が近いので、血行が良くなって血色が高まる実感を得安いので、効果を実感しやすいのでぜひお試しください。

 - 美容の話

  関連記事

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。