20代女性の美容

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。
肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂膜」で外の刺激から守ったり、水分を逃がさないようにしていますが、皮脂腺・汗腺のない唇はこの皮脂膜がつくれません。だから肌以上に、乾燥しやすく荒れやすいんですね。


一方、肌と似たところも。極めて薄い角質層が地道に新陳代謝を繰り返しています。理想的な肌のターンオーバーは28日といいますが、唇のターンオーバーはだいたい3日程度。冬場はあとくに唇が乾燥し唇の皮をはがしてしまうことありませんか?だめだとわかっていてもついとはがしてしまうんですよね。しかし、その後、結構早く回復しませんか? それだけ薄いということの裏返しでもあります。
時々あるのが「肌に使っている乳液やクリームを唇にも使っていい?」という質問。つけて特別“害”があるということはありませんが、唇用には作られていないというのが現実。やはり唇には、唇専用のアイテムを使うことをおすすめします。
◆うるおい
唇のカタチや厚み、大きさもあるけれど、どんな場合でもカサカサ唇はその人の魅力を落としてしまいます。先ほどお話したように唇には、うるおいベールで保護する機能がなく、紫外線もあたることからどんどん乾燥しやすい状態に。その結果が、唇のカサカサ。表面がなめらかでないことは、口紅のノリも悪いということ。カサカサがガサガサになり、やがて皮が剥け放題…女性だけでなく男性でも気をつけたいところです。
うるおい不足の唇にはカサカサともうひとつ問題があります。それは縦ジワ。ぷるんとしたうるおいのある唇にはこの縦ジワは皆無。肌と同じで、ハリや弾力が少なくなり乾いてくると縦ジワが現れます。個人差もありますが、うるおいをキープすることでかなり改善できます。
◆お手入れ
リップクリームやリップバームをつける時は、唇だけでなく、全体の輪郭も全部覆うようにつけましょう。また、唇の溝は意外と深いので、リップ等をぬった後は、
なじませるようにマッサージしてあげましょう。
さらにワンポイント!!
リップクリームをたっぷりなじませ、マッサージをした後、ラップをして、そのままお風呂に入ります。これは唇のケアに抜群の効果が得られます。勿論、ラップを外したらもう一度マッサージすると更にGood!
唇は肌よりも血管が近いので、血行が良くなって血色が高まる実感を得安いので、効果を実感しやすいのでぜひお試しください。

 - 美容の話

  関連記事

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。