20代女性の美容

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因
1 年齢による肌の衰え
年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。


2 バランスの悪い食生活
肌に必要な栄養不足で健康な肌がつくられません。
3 睡眠不足
睡眠不足は 肌に必要な栄養が運ばれないため元気な肌がつくられにくくなります。
4 喫煙
タバコはビタミンCを大量に消費。
ビタミンCが体内で不足すると肌がコラーゲンを生成する力が低下します。
5 ストレス
ストレスをためると血行が悪くなり肌自体の働きが大幅に低下します。
《いつもの食事でハリのある肌に》
たんぱく質→ 乳製品、卵など
ビタミンB2→ レバー、納豆など
ビタミンE→ アーモンド、ピーナツなど
ビタミンA→ ニンジン、かぼちゃなど
ビタミンC→ ブロッコリー、みかん、レモンなど
■ハリを取り戻すには積極的にコラーゲン補給
肌のハリが衰えていく理由はコラーゲン減少の為なのです。コラーゲンは20歳をピークに年々減少していきます。20歳が最も体内コラーゲンの量が多いと言われています。何もしないでいると コラーゲンはどんどん減少。そのため肌が老化肌のうるおい弾力ツヤも衰えていきます。
肌のハリが衰えていく理由はコラーゲン減少の為なのです。ほっておくと体内のコラーゲンはどんどん減少するいっぽう。ハリのなさから肌のたるみへと悩みが急速に悪化していきます。積極的にコラーゲンをとるように心がけましょう
《コラーゲンを多く含む食材》
牛筋
豚バラ
フカヒレ
■サプリメント
食事だけで 肌に効くコラーゲンを補給するとなると とてもたくさんの食材を毎日食べてなくてはなりません。しかも食事で摂ったコラーゲンがそのまま体内でもコラーゲンになるわけでは
ないのです。食事でとったコラーゲンは体内で分解されてしまって肌に効くコラーゲンが生き残るのは悲しいかなほんのわずか。ご存知のようにコラーゲンを多く含む食材はどれも高カロリーのものばかり。
体重増加にも気をつけなくてはなりません。肌がパーンとはってきた。コラーゲンのおかげ?と思っていたらただ太っていただけだとか。
そんなふうにならないためにもサプリメントなどでもコラーゲンを補給していきましょう。

 - 美肌を保つ

  関連記事

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。