20代女性の美容

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因
1 年齢による肌の衰え
年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。


2 バランスの悪い食生活
肌に必要な栄養不足で健康な肌がつくられません。
3 睡眠不足
睡眠不足は 肌に必要な栄養が運ばれないため元気な肌がつくられにくくなります。
4 喫煙
タバコはビタミンCを大量に消費。
ビタミンCが体内で不足すると肌がコラーゲンを生成する力が低下します。
5 ストレス
ストレスをためると血行が悪くなり肌自体の働きが大幅に低下します。
《いつもの食事でハリのある肌に》
たんぱく質→ 乳製品、卵など
ビタミンB2→ レバー、納豆など
ビタミンE→ アーモンド、ピーナツなど
ビタミンA→ ニンジン、かぼちゃなど
ビタミンC→ ブロッコリー、みかん、レモンなど
■ハリを取り戻すには積極的にコラーゲン補給
肌のハリが衰えていく理由はコラーゲン減少の為なのです。コラーゲンは20歳をピークに年々減少していきます。20歳が最も体内コラーゲンの量が多いと言われています。何もしないでいると コラーゲンはどんどん減少。そのため肌が老化肌のうるおい弾力ツヤも衰えていきます。
肌のハリが衰えていく理由はコラーゲン減少の為なのです。ほっておくと体内のコラーゲンはどんどん減少するいっぽう。ハリのなさから肌のたるみへと悩みが急速に悪化していきます。積極的にコラーゲンをとるように心がけましょう
《コラーゲンを多く含む食材》
牛筋
豚バラ
フカヒレ
■サプリメント
食事だけで 肌に効くコラーゲンを補給するとなると とてもたくさんの食材を毎日食べてなくてはなりません。しかも食事で摂ったコラーゲンがそのまま体内でもコラーゲンになるわけでは
ないのです。食事でとったコラーゲンは体内で分解されてしまって肌に効くコラーゲンが生き残るのは悲しいかなほんのわずか。ご存知のようにコラーゲンを多く含む食材はどれも高カロリーのものばかり。
体重増加にも気をつけなくてはなりません。肌がパーンとはってきた。コラーゲンのおかげ?と思っていたらただ太っていただけだとか。
そんなふうにならないためにもサプリメントなどでもコラーゲンを補給していきましょう。

 - 美肌を保つ

  関連記事

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。