20代女性の美容

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには
UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。
水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。


定期的にピーリングやスクラブ洗顔などの角質ケアをして新陳代謝を促し、肌の奥にあるしみの元「メラニン」を浮上させてあげることも大切です。
たばこを吸う方はできるだけ控えるようにしましょう。
たばこはシミを作る原因のひとつです。たばこはシミだけではなく、美容にとって良いことはひとつもないと言っていいくらい害を与えるものです。
たばこを吸うと血管が収縮して血行が悪くなり、体内にあるビタミンCを急激に消費させて肌荒れやシミ・そばかすを引き起こします。
■シミ対策にまず洗顔から
シミ対策には洗顔も重要シミの対策やあらかじめ予防する方法に、普段みなさんが行なっている洗顔でも十分にできますし、むしろ洗顔がしみ予防には、かなり重要になると言えるでしょう。
シミの対策におすすめしたい洗顔の方法は、ダブル洗顔になります。
このダブル洗顔とは、顔についている化粧をクレンジングで落としてから、洗顔料でしっかりと顔を洗うという洗顔の方法なのですが、これはしみになりにくい潤いのあるお肌・皮膚を作るというスキンケアとう意味でおすすめになります。
シミ予防のダブル洗顔のポイントとしましましては、まず肌に負担の少ないミルククレンジングか、オイルクレンジングを使用してお化粧を落とした後に、洗顔料を細かく泡立てて優しく顔を洗うことがシミ対策・しみ予防のダブル洗顔になるでしょう。
またお肌の角質を取り除く為に、週に1回程度スクラブ入りの洗顔料で顔を洗うという方法も効果が期待できますが、スクラブ洗顔は皮膚の弱い方は肌荒れの原因になる可能性もありますので控えるようにしましょう!
■シミ予防にビタミンC
シミの予防や発生してしまったシミの対策に効果が期待できる栄養成分は、何とってもビタミンCです。
ビタミンCには、老化の原因となる活性酵素を抑制する働きがあるとされていて、当然シミの予防や対策にも繋がるのですが、それだけでなく美肌・美白には必要不可欠なコラーゲンの生成にも一役買ってくれるのがビタミンCなのです。
こういったところで、がシミの対策をする方はビタミンCを積極的に摂取するで、ビタミンCが豊富に含まれている食材は、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜・イチゴやオレンジなどの果物になりますので、普段の食事からこれらの食材を食べるようにすることを心がけるだけでも、シミ予防・対策に効果があるのではないでしょうか。
ただ、ビタミンCという栄養成分は水分とともに排出されてしまうことが多いので、食事の中だけで必要量を摂取することはなかなか難しく、シミを対策したいのであればビタミンCのサプリメントなども使用しながら上手に摂取する方法がおすすめとなり、喫煙されている方・ストレスの溜まっている方も美肌作りにビタミンCのサプリメントは非常に良いでしょう。

 - 美容の話

  関連記事

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」