20代女性の美容

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには
UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。
水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。


定期的にピーリングやスクラブ洗顔などの角質ケアをして新陳代謝を促し、肌の奥にあるしみの元「メラニン」を浮上させてあげることも大切です。
たばこを吸う方はできるだけ控えるようにしましょう。
たばこはシミを作る原因のひとつです。たばこはシミだけではなく、美容にとって良いことはひとつもないと言っていいくらい害を与えるものです。
たばこを吸うと血管が収縮して血行が悪くなり、体内にあるビタミンCを急激に消費させて肌荒れやシミ・そばかすを引き起こします。
■シミ対策にまず洗顔から
シミ対策には洗顔も重要シミの対策やあらかじめ予防する方法に、普段みなさんが行なっている洗顔でも十分にできますし、むしろ洗顔がしみ予防には、かなり重要になると言えるでしょう。
シミの対策におすすめしたい洗顔の方法は、ダブル洗顔になります。
このダブル洗顔とは、顔についている化粧をクレンジングで落としてから、洗顔料でしっかりと顔を洗うという洗顔の方法なのですが、これはしみになりにくい潤いのあるお肌・皮膚を作るというスキンケアとう意味でおすすめになります。
シミ予防のダブル洗顔のポイントとしましましては、まず肌に負担の少ないミルククレンジングか、オイルクレンジングを使用してお化粧を落とした後に、洗顔料を細かく泡立てて優しく顔を洗うことがシミ対策・しみ予防のダブル洗顔になるでしょう。
またお肌の角質を取り除く為に、週に1回程度スクラブ入りの洗顔料で顔を洗うという方法も効果が期待できますが、スクラブ洗顔は皮膚の弱い方は肌荒れの原因になる可能性もありますので控えるようにしましょう!
■シミ予防にビタミンC
シミの予防や発生してしまったシミの対策に効果が期待できる栄養成分は、何とってもビタミンCです。
ビタミンCには、老化の原因となる活性酵素を抑制する働きがあるとされていて、当然シミの予防や対策にも繋がるのですが、それだけでなく美肌・美白には必要不可欠なコラーゲンの生成にも一役買ってくれるのがビタミンCなのです。
こういったところで、がシミの対策をする方はビタミンCを積極的に摂取するで、ビタミンCが豊富に含まれている食材は、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜・イチゴやオレンジなどの果物になりますので、普段の食事からこれらの食材を食べるようにすることを心がけるだけでも、シミ予防・対策に効果があるのではないでしょうか。
ただ、ビタミンCという栄養成分は水分とともに排出されてしまうことが多いので、食事の中だけで必要量を摂取することはなかなか難しく、シミを対策したいのであればビタミンCのサプリメントなども使用しながら上手に摂取する方法がおすすめとなり、喫煙されている方・ストレスの溜まっている方も美肌作りにビタミンCのサプリメントは非常に良いでしょう。

 - 美容の話

  関連記事

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。