20代女性の美容

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。
では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか?
日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。


赤ちゃんのお肌は押すと返してくる肌のハリがあります。これを維持しているのは、おなじみのコラーゲンです。下へ下がろうとする力に負けないバネ役のコラーゲンがしっかりと肌を支えていれば、肌がたるむことはありません・
ところがこのコラーゲンは、紫外線を浴びたり刺激を受けたり、ストレスがたまったりするとことで、壊され、また作られにくくなっていきます。
もうひとつ、たるみに大きく関係するのが表情筋。
怒ったり笑ったり、いろいろな表情をするたびに動く顔の筋肉です。肌のコラーゲンと同様、この筋肉の力も年齢とともに低下します。
腕や足も適度に運動しないと衰えていきますよね。表情筋も使わないでいると次第に衰えます。
ちなみに、笑った顔の時に使っている筋肉は、怒った顔のときよりもずっと多いそうです。表情が硬くあまり笑わないでいると、表情筋の老化を早めてしまうので要注意です。
このほかにも、日常生活の何気ないところでたるみを助長させているしぐさや表情もあります。
それはデスクにむかっているとき、手を頬を押し当てることです。
これは手のひらの力をめいっぱい頬にあてて、肌に負担をかけることにつながります。
つい画面に集中するあまり、眉間にシワ、そして口元はへの字になっていませんか?口角が下がっていると、たるみはどんどん進行します。
きゅっと口角を上げた笑顔を意識すれば、たるみ防止にもなるし、見た目も美しいですよね。
それでは、日常のお手入れをほんの少し意識するだけで、たるみ対策に結びつく方法を紹介します。
年齢とともにあらわれる肌の三大悩み、しみ・しわ・たるみ。
なかでもたるみの対策は、毎日のお手入れでの力加減や手の動かし方を気にするとか、表情を意識する、とかそんな“ちょっとしたこと”でできるものです。
同時に、そんな意識が内面の美しさにもつながるのだと思います。
日々の生活でできること
さて、ここまでくれば、あとは顔の筋力UPでたるみはしっかり予防できます。
難しいことはありません。楽しく生活することを心がければ良いだけです。
①まずは、よく笑うこと!笑顔は口角が上がり、目もとも優しくなります。笑顔は顔のたくさんの筋肉を使うため、表情筋を鍛えることができるのです。
表情筋が弱いと重力に耐えられない肌をつくり、皮膚が下がるため、頬はたるんでいきます。
表情筋を鍛えるためにも、一日の生活の中で豊かな表情を作ることを意識し、筋力を上げていきましょう。
笑顔をつくるだけで気分も明るくなり、周りにも若々しい印象を与えるので一石二鳥です。
②それからもうひとつ。よく噛むこと。
食事の時は意識してよく噛んでください。噛むことで表情筋が鍛えられます。
さらに、唾液がたくさん分泌されることでダイエットにも効果的。太りすぎによる顔のたるみも予防できます。

 - 美肌を保つ

  関連記事

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …