20代女性の美容

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。
肌のタイプは人それぞれ。
乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。
季節や体調によっても変わることもあります。


美肌のためには、その時の状態に合ったスキンケアをすることが大切です。
といっても自分の肌はいったいどんな肌質なのか・・・
判断するのは難しいですよね。
皮脂が多いからといって脂性肌とは限りません。
乾燥肌からくる皮脂の増加などありますし(´・ω・`;A)
お店で肌診断をしてもらう事をおすすめします。
@コスメなどでも手軽に診断してもらえます。
専門の方のアドバイスももらえてさらにサンプルも頂けるので一石二鳥です♪
スキンケアをするときにもう一つ大切なことがあります。
それは…
なせきれいになりたいのか目標をしっかりと持つこと。
☆みんなから肌がきれいと言われたい。
☆彼氏にかわいいって思われたい。
☆恋を実らせるために自信をつけたい。
…etc
理由は人それぞれあると思います。
なぜきれいになりたいのかもう一度自分の心と向き合って考えてみてください。
そぉすればめんどくさいスキンケアも続けることが出来ると思います。
きれいになりたい理由を意識すると、肌はそれに答えてきれいになってくれるはずです。

 - 美肌を保つ

  関連記事

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。