20代女性の美容

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ
睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。


通常の健康な肌は28日間で生まれかわります。これをターンオーバーと言います。
このターンオーバーが規則正しくスムーズに行われることによって美しい肌が保てるのですが、睡眠不足によって肌が休めない場合、ターンオーバーの周期が乱れ、クマやニキビ、肌荒れなどが起こってしまうのです。
◆ホルモンバランスへの悪影響
私たちにとってホルモンのバランスを保つことは、美容だけでなく健康にとっても、
とても重要なことです。ところが、睡眠をしっかりとらないことによって
ホルモンの分泌を減少させてしまうのです。特に脂肪を分解し、
エネルギー源に変える成長ホルモンは熟睡中に分泌されるもの。
それがうまく働かないということは、バランスを著しく崩し、
結果として肌に現れてしまうのです。
◆肩凝りや腰痛などの慢性疲労
眠りが浅いということは寝不足を招きます。
すると脳や体はしっかりリラックスすることができません。
すると血行が悪くなり体に流れるリンパ液の流れも悪くなり、疲れを残してしまうのです。
◆美肌にとって、大切だと思われること
何よりも美肌にとって、大切な事は夜10時~深夜2時の間に眠っている事!
これは、肌の新陳代謝がこの時間にもっとも活発に働くためです。
当たり前ですが睡眠前にしっかりお化粧を落とし、必要な水分を補ったり、
マッサージで代謝を高めることも美肌に良い睡眠を得るには欠かせません。
 
◆しっかり睡眠をとるには?
理想的なのは体内時計のリズムに合わせて睡眠をとるということです。
先ほどもあげたように、体内時計はホルモンの分泌や血圧、
そして体温をコントロールしています。
体温は夜眠る頃に下がり始め、寝ている間は低く、目覚める頃に上昇し始めます。
昼間は活動するのに適するように高くなっています。
また、夜になると体内時計の働きによって、自然に眠気を起こす成分である、
メラトニンというホルモンが分泌されて眠くなります。
ですから体内時計のリズムに合わせることが、しっかり睡眠をとるのに欠かせないのです。
そして、眠る時はなるべく外界からの刺激をなくしましょう。
電気を消すとかTVなどの音を消す、静かな音楽を流し、気持ちをリラックスさせる
といった工夫も効果的でしょう。
◆おススメサプリメント
おススメのサプリメントは「マカ」と「ローヤルゼリー」。
自律神経にはたらきかけ、リラックスした深い眠りを誘ってくれます。
ぜひ試してみてくださいね。

 - 美容の話

  関連記事

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。