20代女性の美容

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ
睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。


通常の健康な肌は28日間で生まれかわります。これをターンオーバーと言います。
このターンオーバーが規則正しくスムーズに行われることによって美しい肌が保てるのですが、睡眠不足によって肌が休めない場合、ターンオーバーの周期が乱れ、クマやニキビ、肌荒れなどが起こってしまうのです。
◆ホルモンバランスへの悪影響
私たちにとってホルモンのバランスを保つことは、美容だけでなく健康にとっても、
とても重要なことです。ところが、睡眠をしっかりとらないことによって
ホルモンの分泌を減少させてしまうのです。特に脂肪を分解し、
エネルギー源に変える成長ホルモンは熟睡中に分泌されるもの。
それがうまく働かないということは、バランスを著しく崩し、
結果として肌に現れてしまうのです。
◆肩凝りや腰痛などの慢性疲労
眠りが浅いということは寝不足を招きます。
すると脳や体はしっかりリラックスすることができません。
すると血行が悪くなり体に流れるリンパ液の流れも悪くなり、疲れを残してしまうのです。
◆美肌にとって、大切だと思われること
何よりも美肌にとって、大切な事は夜10時~深夜2時の間に眠っている事!
これは、肌の新陳代謝がこの時間にもっとも活発に働くためです。
当たり前ですが睡眠前にしっかりお化粧を落とし、必要な水分を補ったり、
マッサージで代謝を高めることも美肌に良い睡眠を得るには欠かせません。
 
◆しっかり睡眠をとるには?
理想的なのは体内時計のリズムに合わせて睡眠をとるということです。
先ほどもあげたように、体内時計はホルモンの分泌や血圧、
そして体温をコントロールしています。
体温は夜眠る頃に下がり始め、寝ている間は低く、目覚める頃に上昇し始めます。
昼間は活動するのに適するように高くなっています。
また、夜になると体内時計の働きによって、自然に眠気を起こす成分である、
メラトニンというホルモンが分泌されて眠くなります。
ですから体内時計のリズムに合わせることが、しっかり睡眠をとるのに欠かせないのです。
そして、眠る時はなるべく外界からの刺激をなくしましょう。
電気を消すとかTVなどの音を消す、静かな音楽を流し、気持ちをリラックスさせる
といった工夫も効果的でしょう。
◆おススメサプリメント
おススメのサプリメントは「マカ」と「ローヤルゼリー」。
自律神経にはたらきかけ、リラックスした深い眠りを誘ってくれます。
ぜひ試してみてくださいね。

 - 美容の話

  関連記事

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。