20代女性の美容

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。
遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいということもあるんですよ。


また毛穴のつまりは、洗顔のしすぎなどによって水分量が低下してしまい、角質部分が厚くなって毛穴の出口が角質にふさがれてつまりやすくなってしまうのです。
毛穴の開きや毛穴のつまりが気になる人は、肌をなるべく乾燥させないことと、水分量をあげるスキンケア(お手入れ)を早めにしておくと良いでしょう !
毛穴が開く原因
肌の乾燥により水分量が減ってしまい、角質部分が厚くなり毛穴がつまります。乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって毛穴がつまってしまいます
老化によっても、肌の弾力・ハリが損なわれて毛穴が開きます。
注意点
はがすタイプの毛穴パックはお肌に負担がかかってしまうのでしすぎに注意 ! 
皮脂腺を刺激しすぎて皮脂分泌を活発化させるため、返って逆効果です。また、乾燥もしやすくなるのでなるべく避けたほうがいいですね。
毛穴そのものよりも、毛穴の出口周辺の角質が厚くならないようなスキンケア(お手入れ)が大切です。
また、油分をとり過ぎない洗顔方法や洗顔料を選んでください。
そして化粧水をタップリと与えてその後は保湿量が高い乳液でしっかり保湿してくださいね。
スキンケア方法
・クレンジングは毎晩かならずしましょう。化粧をしたまま寝てしうなんてことは論外です。
・週に2回くらいは朝もクレンジングをします。
(NG⇒クレンジングをしない)
・洗顔をするときは洗顔料をよく泡立てて、Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗いUゾーン(頬・口のまわり)、目元は泡をころがすようにして指でこすらないように洗います。
(NG⇒一日何度もの洗顔、脱脂力の強い洗顔料の使用、こすり洗い、化学繊維やブラシの使用、剥がすタイプの毛穴パックの頻繁な使用=皮脂腺を活発化させてしまい逆効果になるため)
・化粧水たっぷりと、少量ずつをくり返し何回か手でつけます。
(NG⇒1回しかつけない、パッティング、コットンの使用)
・クリームや乳液はできるだけ水分量を保持できる(保水性)成分
 入りのクリームや美容液を使うとより効果的です。
・老化予防に備えて、抗酸化作用・セラミド・NMF(天然保湿因子)成分配合の美容液を、顔全体にやさしくそっとおさえるようにしてつけます。
(NG⇒マッサージ、頻繁なエステ=皮膚の弾力性が失われやすくなるため)
・日焼け予防には、紫外線散乱剤を使用しているUV化粧品(日焼け予防剤)を毎日かかさずつけるようにします。
・外出しない日もUVA波対策として顔全体にかならずつけてください。
(NG⇒紫外線吸収剤使用のもの)
・メイクは、パウダー(粉のおしろい)や軽めのパウダリーファンデーションをつけて、紫外線によるダメージを受けないように気をつけましょう。
・毛穴を隠すためのメイクアップ料(コンシーラーなど)は使わないようにしましょう。余計に毛穴の角質化が進み、どんどん毛穴が詰まって開いてきてしまいます。
(NG⇒油とり紙の使用=必要な皮脂まで取りすぎて、かえって皮脂分泌が活発化してしまい逆効果のため)

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。