20代女性の美容

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1  
小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。


小じわやちりめんじわとは無縁の元気な肌がハリや弾力を保っていられるのは、コラーゲンやエラスチンという成分のおかげなのです。ところがこれらの成分は紫外線によってダメージを受けやすく、ほんの数分間紫外線を浴びただけで破壊されてしまいます。
20代前半くらいまでの肌はダメージからの回復が早いので元気な状態を保つことが出来るのですが、20代後半になると回復力が衰えるため、紫外線によるダメージに負けてしまいます。
ハリや弾力を失った肌は、表情の変化による癖がつきやすく外からの刺激にも無防備になっています。小じわやちりめんじわができやすい最悪の状態です。小じわやちりめんじわはもちろん、このまま放っておくと気づいたときにはもう手の施しようがない深いシワになりかねませんのでなんとしても早めの対策が必要です。
日焼け対策として日焼け止め化粧品やサングラス、帽子、日傘など使って紫外線から肌を守りましょう。ほんの数分間紫外線を浴びただけで、数時間後にはコラーゲンを破壊する酵素が作られ始めます。小じわ以外のエイジングサイン対策のためにも、少し面倒だと思っても毎日の小さな積み重ねでお肌に差がでるので5年後10年後のために頑張りましょう!!

小じわ・ちりめんじわの原因その2
肌の乾燥も小じわ・ちりめんじわの最大の原因のひとつ。目元の小じわや目の下のちりめんじわなどは、乾燥による小じわの代表例です。
肌表面の角質は乾燥すると薄く硬くなり、弾力が失われてしまいます。弾力を失った肌は、表情の変化や外部の刺激にとても弱く「癖」がつきやすい状態になっています。また、乾燥した肌の表面はひび割れていて、お肌の水分や保湿成分が逃げ出しやすい状態になっています。このまま放っておくと肌の内部にまでダメージが及び、小じわ・ちりめんじわどころではなくなってしまいますので、小じわやちりめんじわのケアは早期発見早期解決のケアが大切です。
小じわ・ちりめんじわに気がついたらすぐに、保湿力の高い美容液やクリームで毎日お手入れしてあげましょう。初期の段階で気が付いて、しっかりと保湿してあげることで多くの場合、小じわ程度なら改善にできます。簡単には改善しなくても、焦らず慌てず、じっくりとケアしてあげてください。お肌は必ず応えてくれます。
「これくらいならまだ大丈夫」と油断しているとあっと言う間に進行して「末期じわ」に早変わりなんてことも。小じわやちりめんじわを発見したらその夜のスキンケアから集中保湿を開始してくださいね。
大切なのは肌の水分量を増やすこと。乾いて硬くなってしまった肌を沢山の水分でたっぷりと満たして柔らかくしてあげてください。満タンになるまで水分と保湿成分を注いだあとは、乳液やクリームといった油分系コスメの出番。夜寝る前、小じわやちりめんじわが気になる部分に、ベタっとするくらい多めにつけてあげましょう。たっぷりの水分をたっぷりの油分で閉じ込めてあげることで、翌朝のお肌が見違えます。
小じわやちりめんじわが気になりはじめたら、アンチエイジング適齢期の証拠。
30になっても40になっても美しい女性がたくさんいらっしゃいます。彼女たちとの美肌度の差は、どれだけ早く本格的なアンチエイジングをはじめたかにあります。
きちんと手をかけてあげれば、お肌は必ず応えてくれます。小じわやちりめんじわくらいなら簡単に改善するので、スキンケアがどんどん楽しくなります! スキンケアのトリコになったあなたは、きっと周囲が憧れる「美肌の勝ち組」でになっているはずです♪
なにもお手入れをしていない肌とは歴然の差ができるでしょう。愛され肌を手に入れるために自分のお肌と向き合って少しづづケアしていきましょう。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …