20代女性の美容

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1  
小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。


小じわやちりめんじわとは無縁の元気な肌がハリや弾力を保っていられるのは、コラーゲンやエラスチンという成分のおかげなのです。ところがこれらの成分は紫外線によってダメージを受けやすく、ほんの数分間紫外線を浴びただけで破壊されてしまいます。
20代前半くらいまでの肌はダメージからの回復が早いので元気な状態を保つことが出来るのですが、20代後半になると回復力が衰えるため、紫外線によるダメージに負けてしまいます。
ハリや弾力を失った肌は、表情の変化による癖がつきやすく外からの刺激にも無防備になっています。小じわやちりめんじわができやすい最悪の状態です。小じわやちりめんじわはもちろん、このまま放っておくと気づいたときにはもう手の施しようがない深いシワになりかねませんのでなんとしても早めの対策が必要です。
日焼け対策として日焼け止め化粧品やサングラス、帽子、日傘など使って紫外線から肌を守りましょう。ほんの数分間紫外線を浴びただけで、数時間後にはコラーゲンを破壊する酵素が作られ始めます。小じわ以外のエイジングサイン対策のためにも、少し面倒だと思っても毎日の小さな積み重ねでお肌に差がでるので5年後10年後のために頑張りましょう!!

小じわ・ちりめんじわの原因その2
肌の乾燥も小じわ・ちりめんじわの最大の原因のひとつ。目元の小じわや目の下のちりめんじわなどは、乾燥による小じわの代表例です。
肌表面の角質は乾燥すると薄く硬くなり、弾力が失われてしまいます。弾力を失った肌は、表情の変化や外部の刺激にとても弱く「癖」がつきやすい状態になっています。また、乾燥した肌の表面はひび割れていて、お肌の水分や保湿成分が逃げ出しやすい状態になっています。このまま放っておくと肌の内部にまでダメージが及び、小じわ・ちりめんじわどころではなくなってしまいますので、小じわやちりめんじわのケアは早期発見早期解決のケアが大切です。
小じわ・ちりめんじわに気がついたらすぐに、保湿力の高い美容液やクリームで毎日お手入れしてあげましょう。初期の段階で気が付いて、しっかりと保湿してあげることで多くの場合、小じわ程度なら改善にできます。簡単には改善しなくても、焦らず慌てず、じっくりとケアしてあげてください。お肌は必ず応えてくれます。
「これくらいならまだ大丈夫」と油断しているとあっと言う間に進行して「末期じわ」に早変わりなんてことも。小じわやちりめんじわを発見したらその夜のスキンケアから集中保湿を開始してくださいね。
大切なのは肌の水分量を増やすこと。乾いて硬くなってしまった肌を沢山の水分でたっぷりと満たして柔らかくしてあげてください。満タンになるまで水分と保湿成分を注いだあとは、乳液やクリームといった油分系コスメの出番。夜寝る前、小じわやちりめんじわが気になる部分に、ベタっとするくらい多めにつけてあげましょう。たっぷりの水分をたっぷりの油分で閉じ込めてあげることで、翌朝のお肌が見違えます。
小じわやちりめんじわが気になりはじめたら、アンチエイジング適齢期の証拠。
30になっても40になっても美しい女性がたくさんいらっしゃいます。彼女たちとの美肌度の差は、どれだけ早く本格的なアンチエイジングをはじめたかにあります。
きちんと手をかけてあげれば、お肌は必ず応えてくれます。小じわやちりめんじわくらいなら簡単に改善するので、スキンケアがどんどん楽しくなります! スキンケアのトリコになったあなたは、きっと周囲が憧れる「美肌の勝ち組」でになっているはずです♪
なにもお手入れをしていない肌とは歴然の差ができるでしょう。愛され肌を手に入れるために自分のお肌と向き合って少しづづケアしていきましょう。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。