20代女性の美容

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。
キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます。


美顔器はそんないつまでも美しくありたい女性にとっての必須アイテム。
もちろん美顔器に頼らなくてもエイジング化粧品を使ったり、自分自身でマッサージを行ったりできることはたくさんあるでしょう。でもこれらの方法ではやはり限界があります。
たとえば美肌のためにビタミンCが配合された化粧品を使っていてもただそのまま肌に塗っているだけでは浸透力が悪く、一番大切な真皮層までは残念ながら届きません。これではシミやくすみの改善など目に見て働きを実感するまでには長い時間がかかってしまいます。
でも微弱な電流を肌に流すイオン導入器を使えばビタミンCなど水溶性の成分であってもイオンの力で皮膚の深い層まで浸透させることができます。つまりシミやくすみなどに大きな働きをもたらすことができるのです。
そのほかにも超音波美顔器では通常の洗顔では落とすことのできないミクロの汚れまでも浮き上がらせてくれたり、代謝を上げることでむくみやたるみを改善させたりしわが薄くなったりと言った相乗的な働きも期待できます。
これらはまさにエステ並みの実力。時間やお金に余裕のある方であればエステに通うこともできますが、仕事を持っている方や子育て中のママなどはエステに通うことも難しいでしょう。でも美顔器ならわざわざ「通う」必要がないので時間のない忙しい方でも手軽に始めることができるのです。
現在の美顔器の技術は日を追うごとに進化し続けています。よりコンパクトになり、よりデザインも洗練され、そしてなにより大切な「機能」と言う意味でもエステなどで使われている業務用のものと比べて遜色ないものがたくさんあります。
これからは通う必要もない、いつでも自分の好きな時にエステが受けられる家庭用美顔器の需要はますます高まって行くだろうことは間違いないでしょう。
専用ジェルってどういうもの?
専用ジェルとは超音波美顔器で使用するものです。
超音波振動は水に最も伝わりやすいと言う性質を持っているので水分がたっぷり含まれたジェルなどをお肌に塗って使用することが効果的なのです。
極端な話、水を塗って使用してもいいのですがそれではすべりがかなり悪いのでお肌に負担がかかってしまします。そのため滑りの良いジェルを使っているのです。ではタダの水だけのジェルでいいのかと言うとそういうわけではありません。
超音波美顔器を使うと、超音波はジェルを介してお肌の深部にまで届きます。つまりジェルの成分もお肌の奥深くにまで届くことになるのです。お肌の深部に成分を届けられるのですから折角なのでお肌に良い成分を送りこみましょう。
美顔器の専用ジェルには様々な美肌成分が配合されています。どの成分が良いのかはお肌が求めている度合いによっても違うので個人的な好みの問題にもなるのですが、私的にお勧めなのがコラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10などの美肌には欠かせない有効成分が配合されたジェル。
これらを使うと超音波美顔器の作用と併せてお肌はさらにモチモチしっとりとなり、仕上がり感が全く違います!
反対に気をつけなければならないのが油分などの成分。油分の配合されたクリームなどは超音波の伝わりがにぶくなってしまいますし、これらの成分が配合されているものを使うと反対にお肌はトラブルを招きます。
専用ジェルの全成分をしっかり確認して安全なものを使うようにすることが大切です。

 - 美肌を保つ

  関連記事

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …