20代女性の美容

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。
その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。


不足してしまうとニキビなど肌荒れを起こしたり、ヒビがきれたり、口角に亀裂ができたりします。
多く含まれる食品はレバーやウナギ、たまごや牛乳、納豆、きのこなどです。
熱にもわりと強いので摂取しやすいでしょう。
ビタミンB2はは脂肪をエネルギーに変えて燃焼を促す働きがあるので、不足すると、余分なエネルギーが体脂肪となって溜め込まれてしまいます。つまり、美容だけでなくダイエットのためにもしっかり摂りたいビタミンなのです。このビタミンB2は青魚にもっとも多く含まれています。青魚特有の生臭さが気になる人は、ねぎや生姜などの薬味をたっぷり添えればにおい消しに役立ちます。
■シミを増やさないためには ビタミンAとC
妊娠中は、ホルモンの影響でシミができやすいのをご存じですか。シミの問題になるメラニンは、皮膚の一番下の基底層のメラノサイトという色素細胞で作られます。普段は皮膚の新陳代謝とともに、表面に押し上げられアカとなってはがれますが、妊娠中はホルモンの影響でこのメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素が増加するのです。このメラニン色素を無色化して美白を助けるの、ビタミンCです。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので、効率良く摂るには生食できる果物から摂取するのが理想です。肌の潤いを保つ作用があるビタミンA(カロチン)の多いにんじんと一緒にサラダにすれば、美白と潤いを与えてくれるメニューとなります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。