20代女性の美容

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。
その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。


不足してしまうとニキビなど肌荒れを起こしたり、ヒビがきれたり、口角に亀裂ができたりします。
多く含まれる食品はレバーやウナギ、たまごや牛乳、納豆、きのこなどです。
熱にもわりと強いので摂取しやすいでしょう。
ビタミンB2はは脂肪をエネルギーに変えて燃焼を促す働きがあるので、不足すると、余分なエネルギーが体脂肪となって溜め込まれてしまいます。つまり、美容だけでなくダイエットのためにもしっかり摂りたいビタミンなのです。このビタミンB2は青魚にもっとも多く含まれています。青魚特有の生臭さが気になる人は、ねぎや生姜などの薬味をたっぷり添えればにおい消しに役立ちます。
■シミを増やさないためには ビタミンAとC
妊娠中は、ホルモンの影響でシミができやすいのをご存じですか。シミの問題になるメラニンは、皮膚の一番下の基底層のメラノサイトという色素細胞で作られます。普段は皮膚の新陳代謝とともに、表面に押し上げられアカとなってはがれますが、妊娠中はホルモンの影響でこのメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素が増加するのです。このメラニン色素を無色化して美白を助けるの、ビタミンCです。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので、効率良く摂るには生食できる果物から摂取するのが理想です。肌の潤いを保つ作用があるビタミンA(カロチン)の多いにんじんと一緒にサラダにすれば、美白と潤いを与えてくれるメニューとなります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。