20代女性の美容

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。
その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。


不足してしまうとニキビなど肌荒れを起こしたり、ヒビがきれたり、口角に亀裂ができたりします。
多く含まれる食品はレバーやウナギ、たまごや牛乳、納豆、きのこなどです。
熱にもわりと強いので摂取しやすいでしょう。
ビタミンB2はは脂肪をエネルギーに変えて燃焼を促す働きがあるので、不足すると、余分なエネルギーが体脂肪となって溜め込まれてしまいます。つまり、美容だけでなくダイエットのためにもしっかり摂りたいビタミンなのです。このビタミンB2は青魚にもっとも多く含まれています。青魚特有の生臭さが気になる人は、ねぎや生姜などの薬味をたっぷり添えればにおい消しに役立ちます。
■シミを増やさないためには ビタミンAとC
妊娠中は、ホルモンの影響でシミができやすいのをご存じですか。シミの問題になるメラニンは、皮膚の一番下の基底層のメラノサイトという色素細胞で作られます。普段は皮膚の新陳代謝とともに、表面に押し上げられアカとなってはがれますが、妊娠中はホルモンの影響でこのメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素が増加するのです。このメラニン色素を無色化して美白を助けるの、ビタミンCです。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので、効率良く摂るには生食できる果物から摂取するのが理想です。肌の潤いを保つ作用があるビタミンA(カロチン)の多いにんじんと一緒にサラダにすれば、美白と潤いを与えてくれるメニューとなります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。