20代女性の美容

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。
その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。


不足してしまうとニキビなど肌荒れを起こしたり、ヒビがきれたり、口角に亀裂ができたりします。
多く含まれる食品はレバーやウナギ、たまごや牛乳、納豆、きのこなどです。
熱にもわりと強いので摂取しやすいでしょう。
ビタミンB2はは脂肪をエネルギーに変えて燃焼を促す働きがあるので、不足すると、余分なエネルギーが体脂肪となって溜め込まれてしまいます。つまり、美容だけでなくダイエットのためにもしっかり摂りたいビタミンなのです。このビタミンB2は青魚にもっとも多く含まれています。青魚特有の生臭さが気になる人は、ねぎや生姜などの薬味をたっぷり添えればにおい消しに役立ちます。
■シミを増やさないためには ビタミンAとC
妊娠中は、ホルモンの影響でシミができやすいのをご存じですか。シミの問題になるメラニンは、皮膚の一番下の基底層のメラノサイトという色素細胞で作られます。普段は皮膚の新陳代謝とともに、表面に押し上げられアカとなってはがれますが、妊娠中はホルモンの影響でこのメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素が増加するのです。このメラニン色素を無色化して美白を助けるの、ビタミンCです。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので、効率良く摂るには生食できる果物から摂取するのが理想です。肌の潤いを保つ作用があるビタミンA(カロチン)の多いにんじんと一緒にサラダにすれば、美白と潤いを与えてくれるメニューとなります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。