20代女性の美容

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。


女性ホルモンには、この「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類があり、脳の視床下部・下垂体が卵巣に指示を出すことで分泌されます。前者は“女性らしい体をつくって妊娠を助ける働き”、後者は“妊娠準備状態をつくって維持する働き”。2つの女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、月経周期がつくられ、女性の体の機能を整えることができるのです。
しかし、このホルモンバランスは、年齢や環境、心理的な影響など、いろいろな原因によって敏感に反応します。例えば、一般的には40代を過ぎると徐々に「エストロゲン」の分泌が減少していくのですが、これによって起こるのがいわゆる「更年期症状」です。症状の例としては、のぼせ、冷え、不眠、めまい、頭痛、耳鳴り、イライラ、倦怠感などが挙げられます。また、若い人でも、無理なダイエットやストレス、不規則な生活などが原因でホルモンバランスが乱れると、エストロゲンの分泌が減り、更年期に似た症状「若年性更年期」の症状が発症すると言われています。
さらに、生理痛、生理不順、不妊、子宮の病気などもホルモンバランスの乱れによって引き起こされると言われています。女性特有のからだのトラブルを防ぐためには、エストロゲンの量を正常に維持して、ホルモンのバランスを整えることがとても重要です。
■ ザクロの中にエストロゲン様物質が!
「更年期のトラブルや月経不順をなんとかしたい」「崩れやすいホルモンバランスをいつまでも健やかに保ちたい」、そんな悩みに応えられる果実として注目されているのが「ザクロ」です。
各国の研究機関で、ザクロには女性ホルモン「エストロゲン」と似たような性質をもつ「エストロゲン様物質」が含まれているということが科学的に確認されています。特にザクロの種子に多く含まれているという報告もあります。
いつまでも若々しく、美と健康を保ち続けたい女性にとって、ザクロは心強い守護神のような存在になってくれそうです。

 - 美容の話 ,

  関連記事

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …