20代女性の美容

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。


女性ホルモンには、この「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類があり、脳の視床下部・下垂体が卵巣に指示を出すことで分泌されます。前者は“女性らしい体をつくって妊娠を助ける働き”、後者は“妊娠準備状態をつくって維持する働き”。2つの女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、月経周期がつくられ、女性の体の機能を整えることができるのです。
しかし、このホルモンバランスは、年齢や環境、心理的な影響など、いろいろな原因によって敏感に反応します。例えば、一般的には40代を過ぎると徐々に「エストロゲン」の分泌が減少していくのですが、これによって起こるのがいわゆる「更年期症状」です。症状の例としては、のぼせ、冷え、不眠、めまい、頭痛、耳鳴り、イライラ、倦怠感などが挙げられます。また、若い人でも、無理なダイエットやストレス、不規則な生活などが原因でホルモンバランスが乱れると、エストロゲンの分泌が減り、更年期に似た症状「若年性更年期」の症状が発症すると言われています。
さらに、生理痛、生理不順、不妊、子宮の病気などもホルモンバランスの乱れによって引き起こされると言われています。女性特有のからだのトラブルを防ぐためには、エストロゲンの量を正常に維持して、ホルモンのバランスを整えることがとても重要です。
■ ザクロの中にエストロゲン様物質が!
「更年期のトラブルや月経不順をなんとかしたい」「崩れやすいホルモンバランスをいつまでも健やかに保ちたい」、そんな悩みに応えられる果実として注目されているのが「ザクロ」です。
各国の研究機関で、ザクロには女性ホルモン「エストロゲン」と似たような性質をもつ「エストロゲン様物質」が含まれているということが科学的に確認されています。特にザクロの種子に多く含まれているという報告もあります。
いつまでも若々しく、美と健康を保ち続けたい女性にとって、ザクロは心強い守護神のような存在になってくれそうです。

 - 美容の話 ,

  関連記事

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …