20代女性の美容

大人ニキビは内面からケア

大人ニキビの原因とは??
大人ニキビの最大の原因は内面的なものなのです。
肌の悩みで必ず上位に食い込む「大人ニキビ」。お悩みの方も多いと思います。


大人ニキビは、思春期のものよりも治りにくく顎周辺にできやすいのが特徴と言えます。
大人ニキビにも皮脂の分泌がもちろん関係しているのですが、それよりも大きな原因として「内面的」なものが挙げられるのです。
そのためどんなに一生懸命に「正しい」スキンケアをしていても大人ニキビはできてしまいますし、治すには時間がとてもかかってしまうのです。
繰り返しになりますが、大人ニキビの大きな原因は「内面的なもの」。どんなに外からのお手入れをしても内面的なものを見直さなければ治すことができません。
■ホルモンバランスを乱す、生活時間の不規則・ストレスに注意
さて大人ニキビの原因となる「内面的なもの」。その大部分がホルモンバランスの乱れなのです。
ではどういったときにホルモンバランスが乱れるのかというと、 【1】生活時間の不規則 【2】ストレス  等が積み重なったときです。
働く女性も主婦も毎日の生活の中で、どうしても生活時間の不規則やストレスは付き物です。それは仕方がないのかもしれません。
いけないのは、そういった生活に慣れてしまって、それが当たり前になること。自分では当たり前だと思っていても、それらは積み重なって、ストレスとなり、私たちの体に負担を与えはじめるのです。
女性ホルモンは私たちの体や肌を健康に維持するのに不可欠ですので、これが乱れると、どんなに一生懸命スキンケアを頑張っていてもなんの効果もありません。
基本的な健康な生活が、なにより美肌に欠かせない事だと言われるのはそのためなのです。
■内面の美容が美肌をつくる
規則正しい生活時間や食生活。なんでもストレスのせいにするのはなく・ストレスを認めないというのでもなく、ストレスと上手く向き合い、笑顔を絶やさないことがとても重要です。
外からのお手入れ(スキンケア)に合わせて、内面からの美容を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。