20代女性の美容

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。


■ダブル洗顔とは
ダブル洗顔は【1】クレンジング料を使った化粧落とし 【2】洗顔料を使った洗顔 このふたつの洗顔をすることで、お肌の汚れを綺麗に落とし、肌を素の状態に戻すことです。
油分を多く含んでいるメイクアップ化粧品は、ただの洗顔料ではなかなか落とすことはできないのです。はじめにクレンジング料でポイントメイクやファンデーションなどのメイク汚れを落とし、素肌に戻しましょう。
次に洗顔料を使ってクレンジング料の流し残しや、汗、古くなった角質などを洗い流し肌を清潔で健康な状態に整えます。
このように、異なる目的を持ったふたつの洗顔を連続して行うことから、ダブル洗顔と呼ばれています。
■メイクをした日、ダブル洗顔をしないとどうなるの?
お肌の老化を招きます
メイクをしたにもかかわらずダブル洗顔をしなかった、またはきちんとできていなかったとしたら、私達の肌は一体どうなるのでしょうか?
ダブル洗顔が不完全だと、ファンデーションや汚れ・古くなった角質などが肌の毛穴やキメに残ってしまいます。
この状態を放っておくと、肌に残った汚れは酸化してシミやシワなど肌老化の原因となったり、毛穴を詰まらせてコメドや大人ニキビを引き起すなど様々な肌トラブルの原因となります。
さらには、汚れが肌の上に居座ることで、洗顔後に行う化粧水・美容液などの成分がお肌に浸透しにくくなり、スキンケアの効果を半減させるといった事態まで招いてしまうのです。
このように、ダブル洗顔で清潔な素肌を保つことは美肌作りには欠かせない大切なことなので、お肌に負担をかけない正しいダブル洗顔を取り入れましょう。
■肌に負担をかけない正しいダブル洗顔
1ポイントメイクをオフ
まずはメイク落とし。はじめにグロスやアイメイクなど、油分を多く含んで落ちにくい「ポイントメイク」を落としていきます。
アイラインなど目のキワの落ちにくいメイクは、ポイントメイク専用のクレンジング料がオススメ。コットンや綿棒に含ませて優しくなじませていきます。メイクがクレンジング料とよくなじんだら、擦らずにすくうようにして丁寧に取っていきましょう。
マスカラはコットンを二つに折ってからまつ毛をはさみ、しばらくしてから毛先までゆっくりと優しく滑らせます。
目の周りは皮膚が薄くダメージを負いやすい場所ですので絶対にこすらないこと。強く擦ることはシミの原因になるので優しくしてあげてください。
2クレンジング料をあたため、顔にのばす
次にクレンジング料を使って顔全体のメイクを落としていきます。ここでちょっとしたコツがひとつ。クレジング料を手のひらにとったら、両手をこすり合わせるようにしてクレンジング料を温めてみてください。このひと手間を加えるだけでクレンジング料がやわらかくなり、お肌に負担をかけずにしっかりとメイクを落とすことが出来ます。
皮膚の厚いTゾーンからUゾーン、顔の下から上に向かって優しく伸ばしていきます。この時もこすらないこと。量をたっぷりと使って手早く済ませましょう。
332度のぬるま湯で、乳化→洗い流す
32℃のお湯で手をぬらし、優しくらせんを描くように洗います。顔が白くにごってきたら、乳化した合図。乳化したら32度のお湯で10回~15回くらいすすぎます。あくまでも丁寧に優しく行うのがポイントです。
4洗顔料を泡立て、顔に広げる
クレンジングのあとは、洗顔です。洗顔フォームやソープの「泡」で優しく洗いましょう。肌に負担をかけないためにも、泡立てネットなどを使用して弾力のある泡をつくり、やさしく顔全体に広げます。泡のクッションをつくるような感覚で下から上に向かって洗っていきます。極力力を入れず、泡を転がすように。
5洗い流す→タオルでおさえる
肌に刺激を与えない為にも、シャワーを直接顔に当てたりせず、手をつかってこすらず優しく洗います。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …