20代女性の美容

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。


赤ちゃんの肌がプルプルしていてきれいなように、もともとキメは揃っているもの。それが皮脂過剰や乾燥、強すぎる洗顔やクレンジングなどが大きな原因となり、皮丘の大きさがバラバラになってしまうのです。美肌の基本である「キメ肌」。なんとしても目指したいところです。
■毛穴が開く原因は
毛穴にはたくさんの皮脂腺があり、脂(皮脂)を分泌しています。皮脂は肌を乾燥やダメージから守る大事な働きをしているのですが、時にはトラブルの原因になってしまいます・・・。皮脂が毛穴に詰まると、『面ぽう』と呼ばれる白いプツプツになり、そこにメラニンを多く含んだ角質細胞が詰まったり酸化することで、黒いプツプツとなってしまうのです。鼻の周りは脂の分泌が活発な為、毛穴が開きやすいのです。
■キメ肌に効果的なスキンケア
キメ、毛穴の両方のケアにオススメなのがビタミンC誘導体です。お手持ち化粧水にはビタミンC誘導体が配合されていますか?
定期的にピーリングや酵素洗顔を行えば、キメを乱れさせる古い角質とともに皮脂に詰まった面ぽうも一緒に落せます。また古くなった角質をはがすことでターンオーバーを整え、ダブルの美容効果があるのです。最近は、毛穴を掃除するための化粧品も多いですが、貼って剥がすタイプは肌に負担がかかるので、新陳代謝が盛んな10代までにしましょう。大人の肌にはちょっと刺激が強過ぎるのです。また赤みの原因にもつながります。洗い流す、または拭き取るタイプで優しく行うことが、肌を傷めず出来るのでオススメです。
面ぽうを排出することが出来たら、過剰な皮脂により再び面ぽうが出来ないようにすることが大切です。しっかりオイルコントロールをして毛穴が開かないよう、予防をすることがオススメです。収れん作用のある化粧水で毛穴を引き締めたり、ピーリング成分を配合した化粧品を持続して使用していくのが効果的です。
毛穴の掃除のあとは、氷水に浸した冷たいタオルで顔を覆い冷やす、などして開いた毛穴を閉ざしましょう。最後は乾燥を避けるため、毎日お肌の保湿もお忘れなく。

 - 美肌を保つ

  関連記事

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

大人ニキビは内面からケア

大人ニキビの原因とは?? 大人ニキビの最大の原因は内面的なものなのです。 肌の悩みで必ず上位に食い込む「大人ニキビ」。お悩みの方も多いと思います。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …