20代女性の美容

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。


赤ちゃんの肌がプルプルしていてきれいなように、もともとキメは揃っているもの。それが皮脂過剰や乾燥、強すぎる洗顔やクレンジングなどが大きな原因となり、皮丘の大きさがバラバラになってしまうのです。美肌の基本である「キメ肌」。なんとしても目指したいところです。
■毛穴が開く原因は
毛穴にはたくさんの皮脂腺があり、脂(皮脂)を分泌しています。皮脂は肌を乾燥やダメージから守る大事な働きをしているのですが、時にはトラブルの原因になってしまいます・・・。皮脂が毛穴に詰まると、『面ぽう』と呼ばれる白いプツプツになり、そこにメラニンを多く含んだ角質細胞が詰まったり酸化することで、黒いプツプツとなってしまうのです。鼻の周りは脂の分泌が活発な為、毛穴が開きやすいのです。
■キメ肌に効果的なスキンケア
キメ、毛穴の両方のケアにオススメなのがビタミンC誘導体です。お手持ち化粧水にはビタミンC誘導体が配合されていますか?
定期的にピーリングや酵素洗顔を行えば、キメを乱れさせる古い角質とともに皮脂に詰まった面ぽうも一緒に落せます。また古くなった角質をはがすことでターンオーバーを整え、ダブルの美容効果があるのです。最近は、毛穴を掃除するための化粧品も多いですが、貼って剥がすタイプは肌に負担がかかるので、新陳代謝が盛んな10代までにしましょう。大人の肌にはちょっと刺激が強過ぎるのです。また赤みの原因にもつながります。洗い流す、または拭き取るタイプで優しく行うことが、肌を傷めず出来るのでオススメです。
面ぽうを排出することが出来たら、過剰な皮脂により再び面ぽうが出来ないようにすることが大切です。しっかりオイルコントロールをして毛穴が開かないよう、予防をすることがオススメです。収れん作用のある化粧水で毛穴を引き締めたり、ピーリング成分を配合した化粧品を持続して使用していくのが効果的です。
毛穴の掃除のあとは、氷水に浸した冷たいタオルで顔を覆い冷やす、などして開いた毛穴を閉ざしましょう。最後は乾燥を避けるため、毎日お肌の保湿もお忘れなく。

 - 美肌を保つ

  関連記事

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …