20代女性の美容

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃えて美白コスメの猛プッシュ!


「売りやすい」といった理由から、一般の消費者にも分かりやすいシミのリスクばかりを取り上げて、シワやたるみのリスクに関しては一切触れていません。
そんな雰囲気に流されて「夏はとにかく美白!」といったケアを続けているといつのまにか小ジワがといった最悪の事態になってしまいます。
■原因
原因は“隠れ乾燥肌”とある夏の夕方。仕事や家事がひと段落し鏡をのぞいてみると…。「シワっぽい肌」に驚いたり、する経験がある方も多いのではないでしょうか?
その原因は夏に急増する“隠れ乾燥肌”にあります。見た目はテカっているのに内部では乾燥しているというのが隠れ乾燥肌の特徴。シワやたるみはもちろん、夏特有のメイク崩れも隠れ乾燥肌が原因になっています。
汗や皮脂の分泌が多いこの季節は、“あっさりスキンケア”に傾きがちですが、実は夏こそ保湿が大切。夏ケアの裏技を駆使して、ベタつき・テカリしらずの涼しげな夏肌を手に入れましょう。
■対処法
・洗顔はこすらずすばやく。ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。
・夏の化粧水ケアしっとりタイプで、ダメージを手当て。夏のダメージで乾燥した肌にたっぷり化粧水を浸透させます。
・夏の乳液&クリームベタつく夏でも、油分は必要。付く夏でも毎日肌の状態をチェックして皮脂の分泌が少ない部分には乳液やクリームで油分を補い、水分をしっかり閉じ込めてあげましょう。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。