20代女性の美容

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃えて美白コスメの猛プッシュ!


「売りやすい」といった理由から、一般の消費者にも分かりやすいシミのリスクばかりを取り上げて、シワやたるみのリスクに関しては一切触れていません。
そんな雰囲気に流されて「夏はとにかく美白!」といったケアを続けているといつのまにか小ジワがといった最悪の事態になってしまいます。
■原因
原因は“隠れ乾燥肌”とある夏の夕方。仕事や家事がひと段落し鏡をのぞいてみると…。「シワっぽい肌」に驚いたり、する経験がある方も多いのではないでしょうか?
その原因は夏に急増する“隠れ乾燥肌”にあります。見た目はテカっているのに内部では乾燥しているというのが隠れ乾燥肌の特徴。シワやたるみはもちろん、夏特有のメイク崩れも隠れ乾燥肌が原因になっています。
汗や皮脂の分泌が多いこの季節は、“あっさりスキンケア”に傾きがちですが、実は夏こそ保湿が大切。夏ケアの裏技を駆使して、ベタつき・テカリしらずの涼しげな夏肌を手に入れましょう。
■対処法
・洗顔はこすらずすばやく。ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。
・夏の化粧水ケアしっとりタイプで、ダメージを手当て。夏のダメージで乾燥した肌にたっぷり化粧水を浸透させます。
・夏の乳液&クリームベタつく夏でも、油分は必要。付く夏でも毎日肌の状態をチェックして皮脂の分泌が少ない部分には乳液やクリームで油分を補い、水分をしっかり閉じ込めてあげましょう。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

女性ホルモンの周期を知れば肌トラブルが解消されます。

女性の生理周期は4つに分かれています。 月経期(生理)→卵胞期(生理後)→排卵期(排卵前後)→黄体期(生理前) 生理後に多く分泌されるのが「エストロゲン」です。エストロゲンお肌の調子を整えて、肌にみずみずしさが生まれます。生理前に多く分泌さ …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。