20代女性の美容

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。


かゆみが治まらないから掻く。かさぶたが痒くてまた掻く。悪循環の始まりです。こうなってしまっては、傷跡がシミになってしまうこともあるので注意が必要。かゆみがでてきたら早めに原因を探って対処しましょう。
アンチエイジングを目指すからには全身美肌でありたいですからね♪
■かゆみの原因
かゆみの原因の代表格は肌の乾燥です。かゆみが出ている部分を眺めてみると、ツヤが無く、カサカサして白っぽく粉を吹いたりしていませんか?
掻きたい気持ちをぐっと堪えてまずはかゆみ対策。かゆみが辛い場合は、氷水に浸したタオルや保冷剤を包んだタオルで痒い部分を冷やすのがお勧めです。じきにかゆみが治まり楽になってくるはずです。
■かゆみがでたら
乾燥している肌は目に見えないレベルで表面がひび割れてしまっています。そのため放っておくと肌の水分は逃げて乾燥する一方。かゆみが収まったらしっかりと保湿することが大切です。
おすすめなのは、ヒアルロン酸やセラミドなど本来肌が持っている保湿成分が配合された保湿化粧品。かゆみが出ている部分にたっぷりと馴染ませて、潤いを保つ働きを助けてあげます。
保湿化粧品で潤いを与えた後には、水分を逃がさないように油分でふたをするのが保湿のセオリー。保湿成分を多く含んだクリームや乳液がおすすめですが、傷などができてしまっている場合には刺激の少ない白色ワセリンが良いかもしれません。
■かゆみ対策
乾燥性のかゆみから肌を守るためには、環境を整えることも大切です。加湿器を設置したり、濡れたタオルを部屋にかけておくなどして職場や部屋の湿度を高く保ち、乾燥から守りましょう。
また、肌の水分を保つためにはた入浴もおすすめです。入浴後すぐに先ほどの保湿をすることでお肌に水分を閉じ込めることができます。ただしお湯の温度はあくまでぬる目にしてください。熱いお湯はお肌の油分を奪ってしまいますし、かゆみを引き起こす場合もあります。
そして意外に効果テキメンなのが食生活の改善。私たちの肌を作っているのは、食べ物から消化吸収している栄養です。外から化粧品で栄養を与えることはもちろん大切ですが、食べ物から栄養を得ることはもっと大切で効果的です。体が必要としている栄養素を積極的に摂取することで肌は活発に細胞分裂し、生まれたての瑞々しい肌が保たれます。食事に気をつかったり、コラーゲンドリンクなど肌の保湿力を高めるサプリメントで肌の調子を整えましょう。
乾燥しやすい方は毎日の気配りが欠かせません

 - 美容の話

  関連記事

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。