20代女性の美容

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。


かゆみが治まらないから掻く。かさぶたが痒くてまた掻く。悪循環の始まりです。こうなってしまっては、傷跡がシミになってしまうこともあるので注意が必要。かゆみがでてきたら早めに原因を探って対処しましょう。
アンチエイジングを目指すからには全身美肌でありたいですからね♪
■かゆみの原因
かゆみの原因の代表格は肌の乾燥です。かゆみが出ている部分を眺めてみると、ツヤが無く、カサカサして白っぽく粉を吹いたりしていませんか?
掻きたい気持ちをぐっと堪えてまずはかゆみ対策。かゆみが辛い場合は、氷水に浸したタオルや保冷剤を包んだタオルで痒い部分を冷やすのがお勧めです。じきにかゆみが治まり楽になってくるはずです。
■かゆみがでたら
乾燥している肌は目に見えないレベルで表面がひび割れてしまっています。そのため放っておくと肌の水分は逃げて乾燥する一方。かゆみが収まったらしっかりと保湿することが大切です。
おすすめなのは、ヒアルロン酸やセラミドなど本来肌が持っている保湿成分が配合された保湿化粧品。かゆみが出ている部分にたっぷりと馴染ませて、潤いを保つ働きを助けてあげます。
保湿化粧品で潤いを与えた後には、水分を逃がさないように油分でふたをするのが保湿のセオリー。保湿成分を多く含んだクリームや乳液がおすすめですが、傷などができてしまっている場合には刺激の少ない白色ワセリンが良いかもしれません。
■かゆみ対策
乾燥性のかゆみから肌を守るためには、環境を整えることも大切です。加湿器を設置したり、濡れたタオルを部屋にかけておくなどして職場や部屋の湿度を高く保ち、乾燥から守りましょう。
また、肌の水分を保つためにはた入浴もおすすめです。入浴後すぐに先ほどの保湿をすることでお肌に水分を閉じ込めることができます。ただしお湯の温度はあくまでぬる目にしてください。熱いお湯はお肌の油分を奪ってしまいますし、かゆみを引き起こす場合もあります。
そして意外に効果テキメンなのが食生活の改善。私たちの肌を作っているのは、食べ物から消化吸収している栄養です。外から化粧品で栄養を与えることはもちろん大切ですが、食べ物から栄養を得ることはもっと大切で効果的です。体が必要としている栄養素を積極的に摂取することで肌は活発に細胞分裂し、生まれたての瑞々しい肌が保たれます。食事に気をつかったり、コラーゲンドリンクなど肌の保湿力を高めるサプリメントで肌の調子を整えましょう。
乾燥しやすい方は毎日の気配りが欠かせません

 - 美容の話

  関連記事

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …