20代女性の美容

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因
背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。


背中にできるシミのは、ほとんどが光線性花弁状色素班で、別名「海水浴後色素斑」と言い、海水浴などに行って、強い日差しにより日焼けをしてしまったことが原因です。
毎年、海やプールに行って肌を焼いている人は、時々は背中にシミができていないかチェックしましょう。
背中にシミできても焼き続けていると、年々シミが増え、頑固なシミになって、スキンケアだけでは治せなくなってしまうこともあります。
■背中のシミの治療
背中にできたシミがは、顔のシミと同じように、スキンケアをしていれば、薄くなってきて、無くなることもあります。ひどいシミの場合は、専門の医師に診てもらって、適切な治療をうけましょう。顔と同じように、ケミカルピーリングやレーザー治療が行われます。特に海水浴に出かけたり、炎天下でスポーツなどをする時は、PAとSPEの数値が高い日焼け止めクリームを使用して、紫外線対策をするようにしましょう。
■日焼け対処法
①日焼けで赤く腫れたらまず冷やす
皮膚が赤く炎症を起こしたときは炎症を抑えるために、患部を水や氷ですぐに冷やすようにしましょう。
②市販の薬を使う
しみを改善するには、皮膚を形成するコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCや良質なたんぱく質、血行を良くするビタミンE、皮膚の代謝を助けるL‐システイン、皮膚の再生を助けるビタミンB2、B6などが配合されたビタミン剤が効果的です。
③病院で診察を受ける
水ぶくれなどができたときや、しみが盛り上がってきたようなときは、皮膚科で診察を受けましょう。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …