20代女性の美容

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッとした!
なんていう話もよく聞きます。


どんなに肌がキレイでも、きちんとメイクをしていても、ほうれい線があるだけで・・・。
ほうれい線は、老けて見られる最大の原因だと思いませんか?
今このページをご覧の皆様の中にも、ほうれい線でお悩みの女性は多いのではないかと思います。
■ほうれい線の原因
①ハリ・弾力の低下による シワ たるみ
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく「ピン」と張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってクセ(しわ)がつきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。一方で、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため、コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。
②筋肉の衰え
私達の顔を覆う筋肉のうち、表情の変化などで頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると衰える一方。やがて皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が欠かせません。
③うまれつきの原因
ほうれい線の現れ方には骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も大きく関係しています。肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方のほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。
④その他の原因
喫煙によるダメージが美肌の大敵なのは良く知られているところ。もちろん、ほうれい線にも大きく影響しています。ほうれい線やしわ、肌のくすみ具合を一目見ただけで「喫煙者」だとわかる方が美容関係のプロの中には、いるのだとか・・・。ほうれい線のケアを抜きにしてもタバコは肌にとって百害合って一利なし。ほうれい線で悩む方は禁煙が必須です。

 - 美肌を保つ

  関連記事

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。