20代女性の美容

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッとした!
なんていう話もよく聞きます。


どんなに肌がキレイでも、きちんとメイクをしていても、ほうれい線があるだけで・・・。
ほうれい線は、老けて見られる最大の原因だと思いませんか?
今このページをご覧の皆様の中にも、ほうれい線でお悩みの女性は多いのではないかと思います。
■ほうれい線の原因
①ハリ・弾力の低下による シワ たるみ
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく「ピン」と張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってクセ(しわ)がつきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。一方で、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため、コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。
②筋肉の衰え
私達の顔を覆う筋肉のうち、表情の変化などで頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると衰える一方。やがて皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が欠かせません。
③うまれつきの原因
ほうれい線の現れ方には骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も大きく関係しています。肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方のほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。
④その他の原因
喫煙によるダメージが美肌の大敵なのは良く知られているところ。もちろん、ほうれい線にも大きく影響しています。ほうれい線やしわ、肌のくすみ具合を一目見ただけで「喫煙者」だとわかる方が美容関係のプロの中には、いるのだとか・・・。ほうれい線のケアを抜きにしてもタバコは肌にとって百害合って一利なし。ほうれい線で悩む方は禁煙が必須です。

 - 美肌を保つ

  関連記事

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。