20代女性の美容

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。
でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。


①洗顔後すぐにメイクをしてはいけない
朝、顔を洗ったあとすぐにメイクをしている人は、習慣を変えましょう。皮膚の中には、天然保湿因子というものがあって、乾燥した空気に触れてもカサカサにならないように、肌の水分を保つ働きをしています。
洗顔後、化粧品の力を借りて肌をしっとりさせて、乾燥したりする状態を避けてしまうと肌がなまけてしまって天然保湿因子の働きやアルカリを中和する力がどんどん衰えてしまいます。できれば、洗顔後30分以上たってから化粧品をつけるようにしましょう。
②帰宅したらすぐに洗顔を
一番いいのは、帰宅したらすぐ入浴して、メイクも肌の汚れもすべてきれいに落としましょう。そして寝る前に肌の状態をチェックして必要であれば、モイスチュア化粧品を補いましょう。寒い季節などは寝ている間も、冷たい空気や乾燥から少量のクリームで肌を保護しておかないと肌が荒れる人もいます。肌がしっとりしているなら寝る前の化粧品は必ずつけなくてはならないというものではありません。
③洗顔の方法
洗顔は、汚れをこすり落とすものではなく、汚れや油分を浮き上がらせるためのものです。
■クレンジングクリームなどで化粧を落とす。
■可能であれば、スチームで毛穴を開く。(または蒸しタオルを使う)
■ぬるま湯で素洗いする。
■洗顔料を手に取りよく泡立てます。
(できるだけ密度が濃くキメ細かい泡を作ることが大切)
■顔を泡で包み込むように洗顔。
(力を入れてこすりつけないように)
■特に皮脂の分泌の多いTゾーン、Uゾーンや皮膚が薄くデリケートな目元・口元は丁寧に。
顔の中心から外へ、下から上へとらせんを描くように泡を馴染ませる。
■毛穴の黒ずみが起こりやすい小鼻・鼻筋、皮膚が薄く老化が出やすい首筋、
汚れが残りやすい毛髪の生え際も。
■ぬるま湯でやさしく洗い流す。
■拭き取りも柔らかいタオルで顔をやさしく押さえるように。

 - 美容の話 , ,

  関連記事

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。