20代女性の美容

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。
でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。


①洗顔後すぐにメイクをしてはいけない
朝、顔を洗ったあとすぐにメイクをしている人は、習慣を変えましょう。皮膚の中には、天然保湿因子というものがあって、乾燥した空気に触れてもカサカサにならないように、肌の水分を保つ働きをしています。
洗顔後、化粧品の力を借りて肌をしっとりさせて、乾燥したりする状態を避けてしまうと肌がなまけてしまって天然保湿因子の働きやアルカリを中和する力がどんどん衰えてしまいます。できれば、洗顔後30分以上たってから化粧品をつけるようにしましょう。
②帰宅したらすぐに洗顔を
一番いいのは、帰宅したらすぐ入浴して、メイクも肌の汚れもすべてきれいに落としましょう。そして寝る前に肌の状態をチェックして必要であれば、モイスチュア化粧品を補いましょう。寒い季節などは寝ている間も、冷たい空気や乾燥から少量のクリームで肌を保護しておかないと肌が荒れる人もいます。肌がしっとりしているなら寝る前の化粧品は必ずつけなくてはならないというものではありません。
③洗顔の方法
洗顔は、汚れをこすり落とすものではなく、汚れや油分を浮き上がらせるためのものです。
■クレンジングクリームなどで化粧を落とす。
■可能であれば、スチームで毛穴を開く。(または蒸しタオルを使う)
■ぬるま湯で素洗いする。
■洗顔料を手に取りよく泡立てます。
(できるだけ密度が濃くキメ細かい泡を作ることが大切)
■顔を泡で包み込むように洗顔。
(力を入れてこすりつけないように)
■特に皮脂の分泌の多いTゾーン、Uゾーンや皮膚が薄くデリケートな目元・口元は丁寧に。
顔の中心から外へ、下から上へとらせんを描くように泡を馴染ませる。
■毛穴の黒ずみが起こりやすい小鼻・鼻筋、皮膚が薄く老化が出やすい首筋、
汚れが残りやすい毛髪の生え際も。
■ぬるま湯でやさしく洗い流す。
■拭き取りも柔らかいタオルで顔をやさしく押さえるように。

 - 美容の話 , ,

  関連記事

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。