20代女性の美容

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。
でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。


①洗顔後すぐにメイクをしてはいけない
朝、顔を洗ったあとすぐにメイクをしている人は、習慣を変えましょう。皮膚の中には、天然保湿因子というものがあって、乾燥した空気に触れてもカサカサにならないように、肌の水分を保つ働きをしています。
洗顔後、化粧品の力を借りて肌をしっとりさせて、乾燥したりする状態を避けてしまうと肌がなまけてしまって天然保湿因子の働きやアルカリを中和する力がどんどん衰えてしまいます。できれば、洗顔後30分以上たってから化粧品をつけるようにしましょう。
②帰宅したらすぐに洗顔を
一番いいのは、帰宅したらすぐ入浴して、メイクも肌の汚れもすべてきれいに落としましょう。そして寝る前に肌の状態をチェックして必要であれば、モイスチュア化粧品を補いましょう。寒い季節などは寝ている間も、冷たい空気や乾燥から少量のクリームで肌を保護しておかないと肌が荒れる人もいます。肌がしっとりしているなら寝る前の化粧品は必ずつけなくてはならないというものではありません。
③洗顔の方法
洗顔は、汚れをこすり落とすものではなく、汚れや油分を浮き上がらせるためのものです。
■クレンジングクリームなどで化粧を落とす。
■可能であれば、スチームで毛穴を開く。(または蒸しタオルを使う)
■ぬるま湯で素洗いする。
■洗顔料を手に取りよく泡立てます。
(できるだけ密度が濃くキメ細かい泡を作ることが大切)
■顔を泡で包み込むように洗顔。
(力を入れてこすりつけないように)
■特に皮脂の分泌の多いTゾーン、Uゾーンや皮膚が薄くデリケートな目元・口元は丁寧に。
顔の中心から外へ、下から上へとらせんを描くように泡を馴染ませる。
■毛穴の黒ずみが起こりやすい小鼻・鼻筋、皮膚が薄く老化が出やすい首筋、
汚れが残りやすい毛髪の生え際も。
■ぬるま湯でやさしく洗い流す。
■拭き取りも柔らかいタオルで顔をやさしく押さえるように。

 - 美容の話 , ,

  関連記事

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …