20代女性の美容

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。
「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。
しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。


メイクアップベースは、ファンデーションを肌にぴったり密着させるのり、またはつなぎの役割をするものです。
■ファンデーションを塗るときの刺激をすくなくする
とくにパウダリーファンデーションを塗るときに大切なこと。メイクアップベースをつけるとファンデーションがスッとよく伸び、きれいに付きます。パウダーの粒子が肌を傷つける心配も防げます。
ファンデーションと肌の間に一枚の膜をつくり、毛穴がつまるのを防ぐ化粧水や乳液だと肌にしみこんでしまうので、メイクアップベースの代用はできません。
■クレンジングのときファンデーションが落ちやすい
ゴシゴシこすらなくてもメイクアップベースと共にファンデーションがスッと浮き上がるから、肌に負担をかけずメイクが落とせます。ただし、メイクアップベースは保湿効果までは期待できません。肌がカサついているときは、化粧水や乳液の助けを借りてしっとりさせておくとことが大切。また、メーカーによっては乳液や美容液がメイクアップベースを兼ねるように工夫したものや化粧下地なしでつけられるファンデーションもあります。
■化粧下地の役割
1.とくに乾燥肌でなくても、肌の表面ははがれる寸前の角質がめくれ、ガサガサした状態。基礎化粧品で水分や油分を与えてしっとり、なめらかに整えとおく。
2.肌の表面に1枚の膜をつくるのがメイクアップベースの役割。毛穴や肌の細かい溝にファンデーションがつまるのを防ぎ、塗るときの刺激も少なくする効果がある。
3.メイクアップベースの上にファンデーションをつけるとムラにならず、少しの力でスーッとのびる。また、パウダーの粒子で肌を傷つける心配がなく、メイク落としも楽になります。

 - 美肌を保つ

  関連記事

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。