20代女性の美容

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。
「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。
しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。


メイクアップベースは、ファンデーションを肌にぴったり密着させるのり、またはつなぎの役割をするものです。
■ファンデーションを塗るときの刺激をすくなくする
とくにパウダリーファンデーションを塗るときに大切なこと。メイクアップベースをつけるとファンデーションがスッとよく伸び、きれいに付きます。パウダーの粒子が肌を傷つける心配も防げます。
ファンデーションと肌の間に一枚の膜をつくり、毛穴がつまるのを防ぐ化粧水や乳液だと肌にしみこんでしまうので、メイクアップベースの代用はできません。
■クレンジングのときファンデーションが落ちやすい
ゴシゴシこすらなくてもメイクアップベースと共にファンデーションがスッと浮き上がるから、肌に負担をかけずメイクが落とせます。ただし、メイクアップベースは保湿効果までは期待できません。肌がカサついているときは、化粧水や乳液の助けを借りてしっとりさせておくとことが大切。また、メーカーによっては乳液や美容液がメイクアップベースを兼ねるように工夫したものや化粧下地なしでつけられるファンデーションもあります。
■化粧下地の役割
1.とくに乾燥肌でなくても、肌の表面ははがれる寸前の角質がめくれ、ガサガサした状態。基礎化粧品で水分や油分を与えてしっとり、なめらかに整えとおく。
2.肌の表面に1枚の膜をつくるのがメイクアップベースの役割。毛穴や肌の細かい溝にファンデーションがつまるのを防ぎ、塗るときの刺激も少なくする効果がある。
3.メイクアップベースの上にファンデーションをつけるとムラにならず、少しの力でスーッとのびる。また、パウダーの粒子で肌を傷つける心配がなく、メイク落としも楽になります。

 - 美肌を保つ

  関連記事

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …