20代女性の美容

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキサンチン、プロアントシアニジン、ベータカロテン、コエンザイムQ10、アルファリボ酸、リコピン、MSM、亜鉛、イソフラボン、ルテインのほか、抗酸化力があり紫外線をブロックしてメラニンができるのをおさえる「Lシステイン」などがあります。


とくに、タバコをすう人は、1本すうごとに25~100mgのビタミンCが失われるといいます。
ビタミンCをたっぷりとる必要があります。
ビタミンが紫外線の害をくいとめる
とくに紫外線の害をくいとめる効果が大きいのはビタミンAとビタミンE。ビタミンCは、メラニン色素が増えるのを防ぐ働きのほかに、紫外線による皮膚の老化そのものを防ぐ効果があります。ビタミンDはカルシウムの吸収に不可欠なビタミンで、老化防止作用もあります。
主なシミ改善のサプリメント
・ハイチオールC
・システィナC
・チョコラCCホワイト
・チョコラEC
・ハイシーホワイト
・トランシーノ
・ビタミンC末「クニヒロ」
・ビタミンC「タケダ」
・ピクノジェノール
ホワイシスLC錠EX
・ネイチャーメイド マルチビタミン・ミネラル
・アクティオEX CoQ10&アミノ酸
・ネオビタホワイトプラス
・コラーゲン10000+ビタミンC
特に第一三共ヘルスケアのトランシーノは評価も高く、効果ありとの声が多いです。
ビタミン剤を大量に飲んではいけません
ビタミンA、D、Eは油溶性なので、とりすぎると体内に蓄積されて
副作用を起こす可能性がありますので、注意が必要です。
毎日の食生活の中で一定量をとり続けることが原則です。
ただし、ビタミンCは水溶性で、余分な量は尿として出てしまいますから、問題ありません。

 - 美容の話 , , ,

  関連記事

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。