20代女性の美容

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキサンチン、プロアントシアニジン、ベータカロテン、コエンザイムQ10、アルファリボ酸、リコピン、MSM、亜鉛、イソフラボン、ルテインのほか、抗酸化力があり紫外線をブロックしてメラニンができるのをおさえる「Lシステイン」などがあります。


とくに、タバコをすう人は、1本すうごとに25~100mgのビタミンCが失われるといいます。
ビタミンCをたっぷりとる必要があります。
ビタミンが紫外線の害をくいとめる
とくに紫外線の害をくいとめる効果が大きいのはビタミンAとビタミンE。ビタミンCは、メラニン色素が増えるのを防ぐ働きのほかに、紫外線による皮膚の老化そのものを防ぐ効果があります。ビタミンDはカルシウムの吸収に不可欠なビタミンで、老化防止作用もあります。
主なシミ改善のサプリメント
・ハイチオールC
・システィナC
・チョコラCCホワイト
・チョコラEC
・ハイシーホワイト
・トランシーノ
・ビタミンC末「クニヒロ」
・ビタミンC「タケダ」
・ピクノジェノール
ホワイシスLC錠EX
・ネイチャーメイド マルチビタミン・ミネラル
・アクティオEX CoQ10&アミノ酸
・ネオビタホワイトプラス
・コラーゲン10000+ビタミンC
特に第一三共ヘルスケアのトランシーノは評価も高く、効果ありとの声が多いです。
ビタミン剤を大量に飲んではいけません
ビタミンA、D、Eは油溶性なので、とりすぎると体内に蓄積されて
副作用を起こす可能性がありますので、注意が必要です。
毎日の食生活の中で一定量をとり続けることが原則です。
ただし、ビタミンCは水溶性で、余分な量は尿として出てしまいますから、問題ありません。

 - 美容の話 , , ,

  関連記事

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。