20代女性の美容

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキサンチン、プロアントシアニジン、ベータカロテン、コエンザイムQ10、アルファリボ酸、リコピン、MSM、亜鉛、イソフラボン、ルテインのほか、抗酸化力があり紫外線をブロックしてメラニンができるのをおさえる「Lシステイン」などがあります。


とくに、タバコをすう人は、1本すうごとに25~100mgのビタミンCが失われるといいます。
ビタミンCをたっぷりとる必要があります。
ビタミンが紫外線の害をくいとめる
とくに紫外線の害をくいとめる効果が大きいのはビタミンAとビタミンE。ビタミンCは、メラニン色素が増えるのを防ぐ働きのほかに、紫外線による皮膚の老化そのものを防ぐ効果があります。ビタミンDはカルシウムの吸収に不可欠なビタミンで、老化防止作用もあります。
主なシミ改善のサプリメント
・ハイチオールC
・システィナC
・チョコラCCホワイト
・チョコラEC
・ハイシーホワイト
・トランシーノ
・ビタミンC末「クニヒロ」
・ビタミンC「タケダ」
・ピクノジェノール
ホワイシスLC錠EX
・ネイチャーメイド マルチビタミン・ミネラル
・アクティオEX CoQ10&アミノ酸
・ネオビタホワイトプラス
・コラーゲン10000+ビタミンC
特に第一三共ヘルスケアのトランシーノは評価も高く、効果ありとの声が多いです。
ビタミン剤を大量に飲んではいけません
ビタミンA、D、Eは油溶性なので、とりすぎると体内に蓄積されて
副作用を起こす可能性がありますので、注意が必要です。
毎日の食生活の中で一定量をとり続けることが原則です。
ただし、ビタミンCは水溶性で、余分な量は尿として出てしまいますから、問題ありません。

 - 美容の話 , , ,

  関連記事

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。