20代女性の美容

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキサンチン、プロアントシアニジン、ベータカロテン、コエンザイムQ10、アルファリボ酸、リコピン、MSM、亜鉛、イソフラボン、ルテインのほか、抗酸化力があり紫外線をブロックしてメラニンができるのをおさえる「Lシステイン」などがあります。


とくに、タバコをすう人は、1本すうごとに25~100mgのビタミンCが失われるといいます。
ビタミンCをたっぷりとる必要があります。
ビタミンが紫外線の害をくいとめる
とくに紫外線の害をくいとめる効果が大きいのはビタミンAとビタミンE。ビタミンCは、メラニン色素が増えるのを防ぐ働きのほかに、紫外線による皮膚の老化そのものを防ぐ効果があります。ビタミンDはカルシウムの吸収に不可欠なビタミンで、老化防止作用もあります。
主なシミ改善のサプリメント
・ハイチオールC
・システィナC
・チョコラCCホワイト
・チョコラEC
・ハイシーホワイト
・トランシーノ
・ビタミンC末「クニヒロ」
・ビタミンC「タケダ」
・ピクノジェノール
ホワイシスLC錠EX
・ネイチャーメイド マルチビタミン・ミネラル
・アクティオEX CoQ10&アミノ酸
・ネオビタホワイトプラス
・コラーゲン10000+ビタミンC
特に第一三共ヘルスケアのトランシーノは評価も高く、効果ありとの声が多いです。
ビタミン剤を大量に飲んではいけません
ビタミンA、D、Eは油溶性なので、とりすぎると体内に蓄積されて
副作用を起こす可能性がありますので、注意が必要です。
毎日の食生活の中で一定量をとり続けることが原則です。
ただし、ビタミンCは水溶性で、余分な量は尿として出てしまいますから、問題ありません。

 - 美容の話 , , ,

  関連記事

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …