20代女性の美容

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。
これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。


面倒だからといってべとべとに汚れた肌の上にパウダーを重ね付けしたりするのは決して肌にはよくありません。本当はクレンジング剤でメイクを落とし、洗顔をして最初からやり直すべきですが、外出先で無理な場合の化粧直しのポイントを紹介します。
■くずれそうな部分は思い切って落としてしまう
鼻や口の回りなど、脂が浮き出た部分はもちろんのこと、ファンデーションが浮いて今にもくずれそうな部分は、くずれる前に落とすこと。
■ウェットティッシュは化粧専用を使う
ぬれティッシュでメイクを落とすと簡単ですが、必ず顔に使う化粧専用のものを使うこと。化粧品メーカーのものならまず安心。赤ちゃんのおしりをふいたり、傷口をふくのに使う消毒剤入りウェットティッシュや清浄綿などは肌を傷めるのでよくありません。
■メイク落しは乳液で代用する
クレンジングクリームやクレンジングローションは、使ったあとに石けん洗顔が必要。でも、外出先で洗顔できないという場合は、肌に残っても安心な乳液でふき取ること。ただし、化粧直し用のクレンジング剤なら洗顔なしでも大丈夫。
■正しい化粧直しの方法
1.ウェットティッシュでファンデーションをふき取る。または、肌に直接乳液をつけてのばし、ティッシュでふき取ってもよい。
2.ファンデーションを落とした部分にメイクアップベースを付け足す。乳液で代用してもよい。
3.パウダリーファンデーションをそっとつける。リキッドタイプの場合はさらに紙おしろいで押さえ、油分を吸い取らせるとよい。
■化粧直しの必需品
コットンに含ませサッとふき取るだけでメイク落としが完了できる化粧直しに便利なのが、クレンジングローション。その後化粧直し用のウェットティッシュを使えば、肌はすっきり爽快。
クレンジングローションをコットンチーフに含ませた携帯用も出ているので、上手に利用しましょう。

 - 美容の話

  関連記事

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。