20代女性の美容

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害
シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。


肌のシミの原因の大半は”日光による皮膚の障害”です。例えば普段日の当たらないおしりの皮膚はまだみずみずしく顔ほど年をとっていないでしょう。つまり日光を避ければ防げる皮膚トラブルの一つなのです。日の当たる皮膚と日の当たらない部分の違いは日光による皮膚のダメージ度によるものです。シミ、シワ、くすみは老化が原因ではない証拠です。
・シミの原因2 間違った美容法
肌に合わない化粧品を使い続けたり、ブラシで肌をゴシゴシ洗うなど、間違った美容法で肌を傷めている場合もあります。すぐに間違ったスキンケアをやめて、正しい方法を身につけ、美しい肌を取り戻しましょう。
・シミの原因3 肝臓・卵巣の働きの低下
肝臓が悪くなって解毒作用ができなくなったり、卵巣の働きが悪くなると、シミが増えます。
・シミの原因4 ストレス
色素細胞は神経細胞の親類にあたります。長い間、精神的なストレスを強く受けるとシミをつくることがあります。
■老人性のシミの原因
老人性色素班といい、紫外線や、老化によってできる色素班です。若年のうちは、紫外線を浴びても皮膚にシミができることはありませんが、30代を過ぎると皮膚の老化によってメラニン色素が蓄積して皮膚表面にシミとなって見られるようになってきます。高齢になるにつれ、紫外線などで刺激を受け、真皮まで到達しやすくなっているのです。老人性のシミ(老人性色素班)は、それを防御しようと色素が作られてしまうシミです。シミはよく日に当たる顔や手の甲、腕、首などにできやすいです。大きさは、小さなものから2cm位のものもあります。60歳を過ぎると、かなりの割合で日光に当たる腕や顔などに老人性色素斑ができます。
・老人性のシミの治療
まずは徹底した紫外線対策をしましょう。外出するときは日焼け止めや手袋を欠かさず行いましょう。ごく薄い状態であれば、美白化粧品やケミカルピーリングなどが有効です。また「トランシーノ」などの薬やサプリメントなども活用しましょう。手の甲のシミはシミ用のハンドクリームを使うといいでしょう。濃くなってしまった老人性色素斑は、美白化粧品やピーリングでは完全に消すことはできません。レーザー治療やトレチノイン療法によって取ることができます。
・トレチノイン療
トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。
トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2~4週間でメラニン色素を外に出します。病院で問い合わせてみましょう。

 - 美容の話 , ,

  関連記事

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。