20代女性の美容

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔!
たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。


肌のくすみ対策1 水分補給を
くすんだ肌は角質層が厚くなり、乾燥したガサガサの角質が落葉のように幾重にも重なった状態。ちょうど粒子の粗いパウダーをたくさんつけたのと同じで、透明感がありません。スクラブ洗顔やパック、あるいはピーリングで表面のガサガサした角質を取り除いてしまうのも一つの方法ですが、肌を刺激したり、乾燥をひどくさせる可能性があります。それよりも、角質層にたっぷり水分を含ませるほうが肌は透明度を増し、表面のガサガサが落ち着いてなめらかになります。しっとり効果の高いモイスチュア化粧品で、保湿を十分に行うのがよいでしょう。
肌のくすみ対策2 正しい洗顔を
くすみの原因は、紫外線による直接のダメージのほかに、日光に当たって酸化したオイルの害が大きいといわれています。酸化したオイルが皮膚を刺激すると、肌が黒ずみ、きたない感じになります。ファンデーションやデイクリームなどの油分は日光でえ変質しにくいのですが、それでも長時間、肌にのせておくのは危険。皮脂も時間がたつと刺激物質に変わりますから、くすみ防止には朝晩2回の洗顔が重要です。ナイトクリームは紫外線に弱いことが多いので、夜寝る前につけたものは朝の洗顔できちんと落としましょう。
■美しい肌は寝ている時につくられる
睡眠不足は肌を痛める元凶です。5時間寝たときよりも、7~8時間寝たときのほうが、翌朝の肌は生き生きとしています。眠りが足りない、眠れなかった、あるいは徹夜した朝は、肌がカサカサ、はりがありません。肌だけではなく、食欲もなくなります。顔色が悪い、肌につやがないという時は、食べ物の影響よりも睡眠不足が大きな原因になっていることがほとんどです。では、睡眠を十分にとれば、なぜ肌はつやがあり、肌によい結果をもたらすのでしょう。皮膚は夜寝ている時に細胞をつくるからです。成長ホルモンは夜寝ている時に大量に分泌されます。つまり、皮膚の表皮細胞一つ一つが活発に成長するのは睡眠中ということです。とくに表皮の新しい細胞ができるのは、夜の9時から真夜中の1時ごろまでです。美しい肌をつくるのも、黒髪も夜の睡眠がとても大切です。肌のためには徹夜や夜ふかしは厳禁です。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。