20代女性の美容

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。


皮膚のコラーゲンは、質感・弾力・形状、そしてお化粧のノリなども決定する、大切な要素です。
注入用コラーゲンは、減ってしまった皮膚内のコラーゲン組織を補強するものです。コラーゲンの弱くなってしまった皮膚内に、少量のコラーゲンを注入すると、へこんでいた皮膚が周りの皮膚と同じ高さまで盛り上がります。そのためシワなどが消え、表面もやわらかくなり、ツヤツヤの質感が取り戻せるのです。
■シワができる理由、お肌を作る要素のひとつ、コラーゲンの弾力性は年齢とともに弱くなっていきます。笑ったときなど、毎日同じ場所にシワができると、その部分のコラーゲン繊維が弱くなり、シワになってしまうのです。また、お肌の水分が不足したり、皮下脂肪が少なくなることも皮膚のたるみ、すなわちシワの原因になります。日光、風雨、寒冷、汚れ、自分の皮膚に適さない化粧品によって皮膚は荒れますし、血液循環が悪かったり、栄養の不足でも皮膚は衰え、シワができやすくなります。
■コラーゲンはこうやってつくられている、今や、コラーゲンは体をつくるという重要な働きや、肌の働きを高めるという働きが注目され、さまざまなコラーゲン商品として、サプリメントやドリンクなども出ています。美肌のために、気をつけてとっているという人も多いはず。では、普段の食事や、サプリメントなどでしっかりとっていても、体内のコラーゲンが減少してしまう理由とは何なのでしょう。それは、「食品などからとったコラーゲンは、そのまま肌のコラーゲンになるわけではない」からなのです。まずは、コラーゲンと肌の関係を知っておきましょう。
■肌のコラーゲンはどうつくられる?食品からとったコラーゲンは、体内に入ると、一度「アミノ酸」という最小単位まで分解されます。そのアミノ酸は、「線維芽細胞」の働きによって、再合成されます。そこではじめて、肌のコラーゲンへ変わっていきます(右図参照)。分解されたアミノ酸は、必要に応じてあらゆるたんぱく質に再合成されます。美肌のためにコラーゲンをとったからといって、体内で肌のコラーゲンになるとは限らないのです。肌のコラーゲンをつくる上で重要なのは、「線維芽細胞の働き」であることをしっかり押えておきましょう。
■プルプル肌になるためには、キレイを生み出すためには、生活習慣が大切。私の場合、朝を上手く過ごすようにしています。朝は5時起きで、朝食はフルーツや牛乳、ヨーグルト。体を冷やさないように、フルーツは常温で、牛乳は温めてしょうが汁やオリゴ糖を入れてとっています。肌のためには、朝からしっかり腸を動かし、腸の状態を整えておくことが欠かせません。そして、朝の目覚めをよくするためには、夜が肝心!成長ホルモンの分泌が盛んな夜10時から2時のゴールデンタイムに睡眠をとるようにしています。コラーゲンをとるのも、もちろん寝る前。魚由来の美容ドリンクが飲みやすいですね。私は、腸で吸収しやすいよう、低分子のコラーゲンをとるようにしています。コラーゲンの合成に必要なビタミンCも一緒にとれるドリンクやサプリメントなら一石二鳥ですね。コラーゲンは食事でも手軽にとることができます。たとえば、鶏や魚の皮、手羽先、牛すじ、煮こごりなどはコラーゲンを豊富に含んでいる食材。私は、鮭の皮や手羽先にレモン汁をかけたりして食べるのが好きですね。コラーゲンと一緒に、ビタミンCを豊富に含んだ野菜や果物を食べるように意識するといいでしょう。ただし、つけあわせで脂質や糖質を取りすぎないことも気をつけたいポイントです。コラーゲンを多く含む食品は脂肪も多いので、カロリーオーバーになりがち。サプリメントならその点も安心なので、食事でとることが難しいとき、スペシャルケアをしたいときは、サプリメントやドリンクなどでとるのがおすすめです。

 - 美肌を保つ , ,

  関連記事

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。