20代女性の美容

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。


しかし、『見えないからいいや』と思っていると、いざというときに対応できないことがあります。無意識に隠れているかかと。実は、本当は『隠している』状態になっていませんか?
■あなたのかかと、ひび割れた餅?それとも…
では、『見せられるかかと』というのは、どんな状態なのでしょうか?
■カチコチかかとの原因
かかとのコチコチやガサガサは、古い角質が重なって出来たものです。また、お手入れでは、角質をお手入れするグッズや、軽石など『そぎ落とす』イメージが強くあります。もちろん、そのようなケアも良いのですが、やり過ぎてしまうと反対に皮膚を傷付けてしまいます。また、角質が溜まる、というのは皮膚に要らないものが溜まっている証拠です。毎日の靴やパンプスなどで密閉されているかかと。知らない間に、ムレて出てくる汗や皮脂でバイ菌の住み家となっていることも…!?大切なのは、優しい素材のものでマッサージして、清潔に保っておくことです。
■お手入れ
お風呂か足湯に30分ほどつかり、角質を柔かくします。タオルで足をふき、キューティクルリムーバー(角質軟化剤)を塗り、ふたたび足を湯につけます。タオルでふいた後にファイル(ヤスリ)で軽く縦方向にこするといいでしょう。かかとの角質をファイルで除去したらボディソープでキレイに洗います。お風呂から上がりタオルで水分をふいたら、尿素配合のハンドクリームをたっぷりかかとに塗り、靴下を履きます。靴下を履いたまま寝れば翌日はツルツルのかかとに!カカトのお手入れというと、昔から「軽石」がポピュラーです。しかし、軽石の目は荒すぎるので、必要以上に角質を削り取ってしまいますので絶対NG! 目の細かいファイル(ヤスリ)でこするようにしてください。また、角質は外からの刺激から皮膚を守ろうと硬くなってしまうもの。ケアをやりすぎてしまうと、これまた角質が硬くなるモト。ファイルでのケアは「硬くなってきたなぁ~」と感じたとき、あるいは10日に1度程度にしてください。

 - 美容の話

  関連記事

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。