20代女性の美容

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは
レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。


その効果は美肌効果に老化防止、加工食品の劣化を遅らせるなど良いとこ尽くめの栄養素です。その上摂り過ぎても過剰症になる事がまず無い安全な栄養素です。
美容効果について
ビタミンCには主に2つの美容効果があります。上に書いてある美肌効果と老化防止効果です。
美肌効果とは
簡単に言うとコラーゲンがお肌に良いと言う事なんです。なぜ、ビタミンCでコラーゲンが出て来るのかというとビタミンC無しではコラーゲンは合成がうまく働かないからなんです。つまりビタミンCがあればコラーゲンが良く作られるのでお肌がぷるぷるのつるつるになるって事なんです。(コラーゲンだけ摂っても意味がありません。コラーゲンは所詮ただのタンパク質です。ビタミンC無しでは摂っても美肌にはなりません!!)
老化防止とは
これを説明するには、まず老化とは何だ?と言う事を考えなければなりません。ボケる事か?肌がシワクチャになる事か?色々ありますが一つ共通して言える事は脳でも肌でも細胞が劣化してしまう事で起こるということです。
細胞の劣化とは何かというと、細胞が酸化(鉄が錆びるのと同じ)するといことです。酸素を吸って生きている生き物は皆平等に錆び付いていく運命にあるのです。しかしその錆び付を遅らせてくれる効果が期待されている栄養素がビタミンCなんです!!ビタミンCには酸素と結合する(酸化されやすい)効果があるんです。つまり細胞が酸化される前にビタミンCが変わりに酸化されるから、その分細胞が酸化されるのが遅くなるのではないか?ということなんです。それと同じ効果を利用しているのが上で書いた加工食品の劣化を遅らせるということなんです。(細胞も食品も一緒とは驚きだと思う)
ビタミンCの弱点とまとめ
良いこと尽くしのビタミンCも1つだけ弱点があります。ビタミンCは水に溶けるために尿と一緒に排泄されてしまうので毎日摂らなくてはいけないんです。そのため欧米ではサプリメントで取ることが多いとの事です。また食品では柑橘類や野菜などに含まれています。
心して摂れば10年くらい先に効果が出るかも知れませんね!!

 - 美容の話 ,

  関連記事

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。