20代女性の美容

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。
今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。


花粉も乾燥も気になるけれど、やっぱり春は気持ちの良い季節。肌もできるだけ明るく磨いて迎えたいですね。今回は春目前、透明感ある肌への準備篇です。
まず、手軽にできる全身の血行アップから。この時季にぜひおすすめなのが、たびたび登場する“蒸しタオル”を、顔ではなく首のうしろや背中に当てること。
全身のマッサージを受けに行くと、仰向けになったときの首の後ろや、うつぶせになったときの背中にホットタオルを乗せてくれますよね。
施術に入る前のこの段階で、すでに開放感を感じる経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。太い血管がある首筋を温めたり、筋肉が張りやすい背中を温めてほぐすことで全身の血流が良くなって、アタマや目までスッキリ。首・肩のコリをほぐすのにも効果的です。
蒸しタオルの保温時間を維持&髪や襟元が湿るのを防ぐため、蒸しタオルをビニールの袋に入れてもいいと思います。そのときは、シャリシャリした袋より触っても音がしないしっとりしたビニールを使うと快適です♪もう一歩手間をかけられそうなときは、自分でできるリンパマッサージ。
血管には「心臓」というポンプ役がいますが、リンパは周囲にある筋肉から刺激を受けなければ“流れる”ことができません。そう、運動不足の結果むくむのはこのせいですね。かといって、運動を始めるのもなかなかハードルが高い。というわけで皮膚の上からリンパに刺激を与えます。力を入れる必要はなく、撫でさするだけで十分。
1. あごの下からフェイスラインに沿って、耳の下まで
2. 耳たぶの後ろ(ちょっとくぼんだ押すと痛いところ)から首すじを通って鎖骨まで
3. 鎖骨のくぼみに沿って外から内へできれば、1~3を手を止めず流れるようにさするといいですよ。プロのメイクさんがメイク前に首や鎖骨、背中をガシガシっとマッサージするのも、血色を良くしたり、メイクのりを良くするため。あまり難しく考えずに、流れに沿って触れる習慣をつけておくといいですよね。

 - 美容の話

  関連記事

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。