20代女性の美容

紫外線対策は3月から

■シミの原因
①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。


紫外線が肌にあたると、表皮の一番下の部分では紫外線の侵入を防ごうとして、大量のメラニン色素が作られます。対策としては、まず日傘や帽子、長袖の上着などで、日差しを浴びないようにすること。UVカット成分を配合した化粧品も効果的です。
②ストレス 日々の生活の中でたまっていくストレスも、シミの原因になってしまうことが…。色素細胞は、神経系と密接な関係をもっています。そのため、精神的に不安定な状態が続くと、シミができやすくなるといわれています。シミを気にしすぎたり、そのことでイライラが続いたりすると、シミを悪化させてしまうことになりかねません。
③「タバコを吸うこと=シミができる」というわけではありません。けれども、タバコを吸うということはシミ対策に大きな役割を果たす体内のビタミンCを、余分に消費してしまうということ。1本吸うごとに25mgのビタミンCを破壊する、あるいは1本吸うごとにからだの中のビタミンCのプールが小さくなる、などさまざまな説がありますが、喫煙者の血液中のビタミンC濃度が低いのは事実。シミが気になる人はタバコを控えめに…。
■外出時の日焼け対策
①1年中降り注ぐ紫外線 紫外線対策は夏だけのものと思われがちですが、紫外線は1年中降り注いでいます。だから、1年をとおしてきちんとケアし続ける事が大切です。特に春先の紫外線はほぼ真夏並みの量に達し、さらに冬の間に直射日光に触れる機会が少なく、肌の紫外線に対する反応が下がっているところに多くの紫外線を浴びる事になるので、春先は肌トラブルが多いといわれています。
②10時-14時は危険な時間帯 1日の紫外線量の変化をみてみると、正午頃がピークの山型を描いています。午前10時から午後2時くらいまでの間に、1日量の半分以上が地上に届くと言われています。この時間帯に外出する場合は、日焼け止めクリームや長袖、帽子を利用しましょう。

 - 美容の話 , , ,

  関連記事

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。