20代女性の美容

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。


■アサイーとは
アサイーとは、アマゾンに自生しているフルーツで、20~30mある「ワカバキャベツヤシ」という木にブルーベリーに似た実がなります。ブルーベリーのような見た目をしていますが植物学的にはブルーベリーではなく、ヤシ科です。アサイーにはポリフェノールがブルーベリーの18倍含まれており、その他にも美容に欠かせない成分が多く含まれていることから、今、女性を中心に注目を集めています。アサイーが注目され始めたのはここ最近ですが、アサイー自体は何百年も前から原産地の人々の間で親しまれてきました。
これほどまでに多くの栄養価を含んでいるアサイーが、今まで話題にならなかったのには理由があります。アサイーは鮮度を保つのが難しく、収穫から24時間が経つと栄養価が半減してしまうためです。そのため現地の住民以外に広まることがなかったのです。
最近になり鮮度を保ったまま輸出する技能が発達し海を渡り多くの人たち注目されることとなりました。

■アサイーの栄養価
・ポリフェノールは赤ワインの約30倍、ブルーベリの約18倍、ポリフェノールはシミやそばかす、ニキビといった肌トラブルを修復し、予防してくれ、活性酸素を抑えてくれることから、アンチエイジングにつながるのです。
・鉄分はレバーの約3倍、貧血予防に女性は特に摂取したい鉄分。レバーよりも摂取しやすいのがポイントです。
・食物繊維はゴボウの約6倍
・カルシウムは牛乳の約2.2倍
カルシウムは胃や子宮の内側をコーティングし、生理痛や膨張感が和らぐ働きがあります。
カリウムはバナナの2.8倍、マグネシウムはブロッコリーの約10倍、アサイーに多く含まれるアントシアニンには強い抗酸化力があり老化の原因である活性酸素を抑制する働きがあります。アサイーがモデルをはじめ多くの女性に注目される理由は、これらの女性に欠かせない栄養成分が豊富に含まれているからです。

■ポリフェノールとは
ポリフェノールは300種類以上あると言われ、効能はその種類によりことなってきます。
例えば、赤ワイン・ブルーベリー(アントシアニン)は視力向上・肝機能向上、玄米(フェルラ酸)はシミ予防、大豆食品(イソフラボン)女性ホルモンのバランス調整/冷え性改善ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、摂取後30分で体内へ取り込まれます。体内には蓄積されないのでこまめに摂取することがポイントです。
「ポリフェノール」の「ポリ」は「たくさんの」という意味で、「フェノール」はベンゼン環に水酸基(OH)が結合した化合物です。

■抗酸化物質とは
抗酸化物質とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を軽減させます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , , , , , ,

  関連記事

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。 酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …