20代女性の美容

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。


■アサイーとは
アサイーとは、アマゾンに自生しているフルーツで、20~30mある「ワカバキャベツヤシ」という木にブルーベリーに似た実がなります。ブルーベリーのような見た目をしていますが植物学的にはブルーベリーではなく、ヤシ科です。アサイーにはポリフェノールがブルーベリーの18倍含まれており、その他にも美容に欠かせない成分が多く含まれていることから、今、女性を中心に注目を集めています。アサイーが注目され始めたのはここ最近ですが、アサイー自体は何百年も前から原産地の人々の間で親しまれてきました。
これほどまでに多くの栄養価を含んでいるアサイーが、今まで話題にならなかったのには理由があります。アサイーは鮮度を保つのが難しく、収穫から24時間が経つと栄養価が半減してしまうためです。そのため現地の住民以外に広まることがなかったのです。
最近になり鮮度を保ったまま輸出する技能が発達し海を渡り多くの人たち注目されることとなりました。

■アサイーの栄養価
・ポリフェノールは赤ワインの約30倍、ブルーベリの約18倍、ポリフェノールはシミやそばかす、ニキビといった肌トラブルを修復し、予防してくれ、活性酸素を抑えてくれることから、アンチエイジングにつながるのです。
・鉄分はレバーの約3倍、貧血予防に女性は特に摂取したい鉄分。レバーよりも摂取しやすいのがポイントです。
・食物繊維はゴボウの約6倍
・カルシウムは牛乳の約2.2倍
カルシウムは胃や子宮の内側をコーティングし、生理痛や膨張感が和らぐ働きがあります。
カリウムはバナナの2.8倍、マグネシウムはブロッコリーの約10倍、アサイーに多く含まれるアントシアニンには強い抗酸化力があり老化の原因である活性酸素を抑制する働きがあります。アサイーがモデルをはじめ多くの女性に注目される理由は、これらの女性に欠かせない栄養成分が豊富に含まれているからです。

■ポリフェノールとは
ポリフェノールは300種類以上あると言われ、効能はその種類によりことなってきます。
例えば、赤ワイン・ブルーベリー(アントシアニン)は視力向上・肝機能向上、玄米(フェルラ酸)はシミ予防、大豆食品(イソフラボン)女性ホルモンのバランス調整/冷え性改善ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、摂取後30分で体内へ取り込まれます。体内には蓄積されないのでこまめに摂取することがポイントです。
「ポリフェノール」の「ポリ」は「たくさんの」という意味で、「フェノール」はベンゼン環に水酸基(OH)が結合した化合物です。

■抗酸化物質とは
抗酸化物質とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を軽減させます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , , , , , ,

  関連記事

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

肌にあわせたスキンケアの方法

スキンケアを始めるにはまず自分の肌質をしっかりと把握することが大切です。 肌のタイプは人それぞれ。 乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌など。 季節や体調によっても変わることもあります。

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。 肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

美容と健康に効く豆乳パワー

豆乳(とうにゅう)は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、かすを漉した飲料です。豆乳は、牛乳に似た外観と食味がある。そのままの豆乳には特有の青臭さがあり飲みづらいため、砂糖などで甘みを加えたものも販売されています。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

痩せやすい時期と太りやすい時期

女性の体には、痩せやすい時期と、太りやすい時期があります。 女性の場合、生理前や生理中は食欲が旺盛になったり、女性ホルモンの関係で太りやすくなってしまいます。しかし生理が終わった後は痩せやすい時期に入るのでその時期をうまくダイエットに活用し …

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。