20代女性の美容

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。


■アサイーとは
アサイーとは、アマゾンに自生しているフルーツで、20~30mある「ワカバキャベツヤシ」という木にブルーベリーに似た実がなります。ブルーベリーのような見た目をしていますが植物学的にはブルーベリーではなく、ヤシ科です。アサイーにはポリフェノールがブルーベリーの18倍含まれており、その他にも美容に欠かせない成分が多く含まれていることから、今、女性を中心に注目を集めています。アサイーが注目され始めたのはここ最近ですが、アサイー自体は何百年も前から原産地の人々の間で親しまれてきました。
これほどまでに多くの栄養価を含んでいるアサイーが、今まで話題にならなかったのには理由があります。アサイーは鮮度を保つのが難しく、収穫から24時間が経つと栄養価が半減してしまうためです。そのため現地の住民以外に広まることがなかったのです。
最近になり鮮度を保ったまま輸出する技能が発達し海を渡り多くの人たち注目されることとなりました。

■アサイーの栄養価
・ポリフェノールは赤ワインの約30倍、ブルーベリの約18倍、ポリフェノールはシミやそばかす、ニキビといった肌トラブルを修復し、予防してくれ、活性酸素を抑えてくれることから、アンチエイジングにつながるのです。
・鉄分はレバーの約3倍、貧血予防に女性は特に摂取したい鉄分。レバーよりも摂取しやすいのがポイントです。
・食物繊維はゴボウの約6倍
・カルシウムは牛乳の約2.2倍
カルシウムは胃や子宮の内側をコーティングし、生理痛や膨張感が和らぐ働きがあります。
カリウムはバナナの2.8倍、マグネシウムはブロッコリーの約10倍、アサイーに多く含まれるアントシアニンには強い抗酸化力があり老化の原因である活性酸素を抑制する働きがあります。アサイーがモデルをはじめ多くの女性に注目される理由は、これらの女性に欠かせない栄養成分が豊富に含まれているからです。

■ポリフェノールとは
ポリフェノールは300種類以上あると言われ、効能はその種類によりことなってきます。
例えば、赤ワイン・ブルーベリー(アントシアニン)は視力向上・肝機能向上、玄米(フェルラ酸)はシミ予防、大豆食品(イソフラボン)女性ホルモンのバランス調整/冷え性改善ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、摂取後30分で体内へ取り込まれます。体内には蓄積されないのでこまめに摂取することがポイントです。
「ポリフェノール」の「ポリ」は「たくさんの」という意味で、「フェノール」はベンゼン環に水酸基(OH)が結合した化合物です。

■抗酸化物質とは
抗酸化物質とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を軽減させます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , , , , , ,

  関連記事

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。 その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

ダイエットの前に便秘解消

★便秘の原因 便秘の主な原因の中には、「不足」というキーワードが存在しています。たとえば、「運動不足」は腹筋の筋力を弱め、腸の蠕動運動を低下させます。これによって、便の通過速度が遅くなり便の水分が大腸内で過剰に吸収された結果、便が硬くなって …

痩せやすい時期と太りやすい時期

女性の体には、痩せやすい時期と、太りやすい時期があります。 女性の場合、生理前や生理中は食欲が旺盛になったり、女性ホルモンの関係で太りやすくなってしまいます。しかし生理が終わった後は痩せやすい時期に入るのでその時期をうまくダイエットに活用し …

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …