20代女性の美容

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、などが、肝斑のポイントです。


また、肝斑は目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
■原因
30~40歳代の女性に多い肝斑(かんぱん)は、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。女性ホルモンの中の黄体ホルモンは、子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠した場合には、出産までの間妊娠を維持させる役目を果たしたり、他のホルモンのバランスを調整するなど女性の体内でさまざまな役割を持っています。このため、黄体ホルモンのバランスが崩れる、妊娠時や経口避妊薬(ピル)の服用中に肝斑(かんぱん)が現れやすくなるのです。閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。また肝斑では、ストレスが発症の要因であると同時に、シミができたというストレスがさらに症状を悪化させるといった悪循環も見られ、ストレスとの深いかかわりも指摘されています。
■治療法
特に、体の中のホルモンが主な原因とされているので、ケミカルピーリングやフォトなどで外から治療だけでは薄くなる事はむずかしいのです。レーザーのみでは悪化することさえあります。内服薬やビタミン剤などで、体の内側からの治療を併用する方法が一般的です。肝斑(かんぱん)の治療に使用されるトラネキサム酸は、色素沈着抑制効果をもつ内服薬です。内服薬はその有効成分が、血流にのって皮膚のすみずみまで届けられ、表皮の深い所にあるメラノサイトに効果を発揮します。ただし、内服薬でも即効性があるわけではなく、だいたい4~5週間を目安に効果を感じてくるようです。更に、ビタミンCやハイチオールなどの併用により、安定した効果が得られます。治療を続けながら、前述した原因をなくす努力も必要です。この機会に生活リズムを整える、上手にリラックスする、睡眠時間を十分に取るなどといった生活習慣を見直してみましょう。これは肝斑(かんぱん)だけでなく、肌や身体の不調を改善することにもつながります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

シミの原因は日光

・シミの原因1 日光の皮膚障害 シミ・シワ・くすみは老化現象ではありません年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」とあきらめていませんか。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。