20代女性の美容

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、などが、肝斑のポイントです。


また、肝斑は目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
■原因
30~40歳代の女性に多い肝斑(かんぱん)は、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。女性ホルモンの中の黄体ホルモンは、子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠した場合には、出産までの間妊娠を維持させる役目を果たしたり、他のホルモンのバランスを調整するなど女性の体内でさまざまな役割を持っています。このため、黄体ホルモンのバランスが崩れる、妊娠時や経口避妊薬(ピル)の服用中に肝斑(かんぱん)が現れやすくなるのです。閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。また肝斑では、ストレスが発症の要因であると同時に、シミができたというストレスがさらに症状を悪化させるといった悪循環も見られ、ストレスとの深いかかわりも指摘されています。
■治療法
特に、体の中のホルモンが主な原因とされているので、ケミカルピーリングやフォトなどで外から治療だけでは薄くなる事はむずかしいのです。レーザーのみでは悪化することさえあります。内服薬やビタミン剤などで、体の内側からの治療を併用する方法が一般的です。肝斑(かんぱん)の治療に使用されるトラネキサム酸は、色素沈着抑制効果をもつ内服薬です。内服薬はその有効成分が、血流にのって皮膚のすみずみまで届けられ、表皮の深い所にあるメラノサイトに効果を発揮します。ただし、内服薬でも即効性があるわけではなく、だいたい4~5週間を目安に効果を感じてくるようです。更に、ビタミンCやハイチオールなどの併用により、安定した効果が得られます。治療を続けながら、前述した原因をなくす努力も必要です。この機会に生活リズムを整える、上手にリラックスする、睡眠時間を十分に取るなどといった生活習慣を見直してみましょう。これは肝斑(かんぱん)だけでなく、肌や身体の不調を改善することにもつながります。

 - 美容の話 ,

  関連記事

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。