20代女性の美容

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。


■まつげのしくみ
まつげには寿命があるため、一定の長さまで成長すると、そこで成長が止まります。まつ毛が生えかわる周期は30日~90日です。他の体とくらべると早いのが特徴です。それぞれの毛は順次抜け変わって、常に全体として一定の数を保っています。成長期のまつげは85%、休止期の毛が10%の割り合いといわれています。まつげも他の毛と同じで、ケラチンタンパクという再生力のないたんぱく質でできています。まつげパーマやマスカラ・ビューラー、毎日のオイル洗顔などでダメージを受け、痛んでしまったり、抜け落ちてしまいます。痛めたり切ったりしないよう普段のお手入れが重要です。

■まつげにいい食べ物
まつげの主成分(99%)はケラチンというタンパク質です。
ケラチンを得るためには、たんぱく質の食品を食べる事なのですが、体内で生成できない必須アミノ酸もまつげの生成には必要です。必須アミノ酸は、肉・乳製品・豆類(味噌・豆腐・他)・いわし・卵または米・小麦から摂取できます。毛というものは、毛根にある毛母細胞が細胞分裂し、角質化した結果できているので、人間の細胞分裂に必要なビタミンB(小麦胚芽、玄米、米ぬか、豚の赤身、レバ-、マグロ)や亜鉛などのビタミン・ミネラルの摂取も必須です。タンパク質を大量に摂取してもビタミンやミネラルが不足すれば細胞分裂できず、まつげも作られません。

■まつげのお手入れ
まつげは年齢とともに、量がへったり、太さが細くなったりと変化していきます。その原因は、加齢による目の周りの筋力低下やメイク時のビューラー、クレンジング時のゴシゴシ洗いによって大きなダメージを受けているためです。まつげは一本も抜けさせない気持ちで、日々のケアは丁寧に丁寧におこないましょう

 - 美容に効く食べ物, 美容の話 , , ,

  関連記事

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

この夏はアセロラでビタミンC補給

アセロラにはレモン果汁の約34倍100グラム中に1700ミリグラムという、他の同量果実と比較しても、圧倒的な天然ビタミンCを誇ります。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

美容と健康に効く豆乳パワー

豆乳(とうにゅう)は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、かすを漉した飲料です。豆乳は、牛乳に似た外観と食味がある。そのままの豆乳には特有の青臭さがあり飲みづらいため、砂糖などで甘みを加えたものも販売されています。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。