20代女性の美容

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。


■まつげのしくみ
まつげには寿命があるため、一定の長さまで成長すると、そこで成長が止まります。まつ毛が生えかわる周期は30日~90日です。他の体とくらべると早いのが特徴です。それぞれの毛は順次抜け変わって、常に全体として一定の数を保っています。成長期のまつげは85%、休止期の毛が10%の割り合いといわれています。まつげも他の毛と同じで、ケラチンタンパクという再生力のないたんぱく質でできています。まつげパーマやマスカラ・ビューラー、毎日のオイル洗顔などでダメージを受け、痛んでしまったり、抜け落ちてしまいます。痛めたり切ったりしないよう普段のお手入れが重要です。

■まつげにいい食べ物
まつげの主成分(99%)はケラチンというタンパク質です。
ケラチンを得るためには、たんぱく質の食品を食べる事なのですが、体内で生成できない必須アミノ酸もまつげの生成には必要です。必須アミノ酸は、肉・乳製品・豆類(味噌・豆腐・他)・いわし・卵または米・小麦から摂取できます。毛というものは、毛根にある毛母細胞が細胞分裂し、角質化した結果できているので、人間の細胞分裂に必要なビタミンB(小麦胚芽、玄米、米ぬか、豚の赤身、レバ-、マグロ)や亜鉛などのビタミン・ミネラルの摂取も必須です。タンパク質を大量に摂取してもビタミンやミネラルが不足すれば細胞分裂できず、まつげも作られません。

■まつげのお手入れ
まつげは年齢とともに、量がへったり、太さが細くなったりと変化していきます。その原因は、加齢による目の周りの筋力低下やメイク時のビューラー、クレンジング時のゴシゴシ洗いによって大きなダメージを受けているためです。まつげは一本も抜けさせない気持ちで、日々のケアは丁寧に丁寧におこないましょう

 - 美容に効く食べ物, 美容の話 , , ,

  関連記事

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

肌を内側から美しくする食事のとり方

肌を美しくする食べ物といえば、まずビタミン。 特に必要なのは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE。これらは、紫外線のダメージをくいとめる作用があり、肌の老化を防ぐために非常に重要なもの。これらを毎日の食事で上手にとる2つのポイン …

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

老化のしくみ

金属や空気に触れると次第に酸化しダメージを受けます。人間の細胞もこの仕組みと同じで歳を重ねると酸化し、ダメージを受けています。 ではどのようにして酸化は進むのでしょうか?

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …