20代女性の美容

デトックスでうちから美人に

生きていくだけで私たちの身体の中に有害物質=毒が取り込まれています。
その毒を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。


毒素の大部分が便として排出されるため、まずは腸内環境の整備が重要です。便秘がちという人は乳酸菌などの善玉菌を含む、ヨーグルトやサプリメントと、食物繊維を摂取して腸内環境を整えておくとよいでしょう。デトックスには、汗をかく、デトックス食材を食べる、デトックス効果のあるサプリメントを飲むなど、さまざまな方法があります。また、医療機関では特に有害重金属を体外へと排出する効果が高い「キレーション」という治療も行なわれています。
体内に蓄積された有害物質は、最初は無症状ですが、やがてじわじわと体を蝕み、体調の不調をもたらします。病院へ行くほどではないけれど、イマイチだるい、頭痛がする、肩こり、冷え、のぼせ、代謝が落ち太りやすくなる……などの弊害です。ひどくなれば、肝臓や血管、腎臓などの機能障害へ至る場合もあります。
[新陳代謝が活発に]……老化予防、ダイエットの成功率があがる、美肌効果
[血液・リンパの流れが順調に]……むくみ・肩こりなどの解消、生活習慣病の予防
[免疫力の増加]……風邪などを引きにくくなる、アレルギーを起こしにくくなる
[腸をはじめ、内蔵機能の向上]……便秘解消、必要な栄養吸収率UP、不要な物質の排泄力UP
[自律神経が正常に]……ストレスがたまりにくくなる、不眠解消、アレルギーを起こしにくくなる
体の不快なの症状に悩まされている方は特に、デトックスを取り入れることで、これらの体調不良から解放されるケースが多いようです。普段から、毒素を排出できるような生活を心がけてみてはいかがでしょうか
●有効なデトックス方法
◆発汗
岩盤浴、サウナ、ゲルマニウム温浴、半身浴
◆食事療法
解毒作用が高い食材を摂りましょう。
タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギ
コリアンダー
アスパラガス、アボガド、ほうれん草
◆運動療法
新陳代謝をアップするヨガ、汗をかくホットヨガがおすすめです。
血行をよくする筋肉マッサージもよいでしょう。
◆サプリメント
解毒作用のあるサプリメント
α-リポ酸、アセチル-Lシステイン、L-メチオニン、グルタチオン、ビタミンB群、亜鉛、クエン酸、L-カルニチン
◆水をたくさん飲む
ミネラルウォーターをできれば1日2リットルの飲みましょう。

 - 美容の話

  関連記事

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

目の下のくまは女っぷリをさげる

くすみ・くまが女っぷりを下げる!?「メイクをしても顔色が冴えない。」 「目の下や肌が黒ずんで見える。」「血色が悪くて、なんだか不健康なイメージ。」 「疲れ?歳?ツヤや透明感が一切ない・・・」

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。