20代女性の美容

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。
うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。


■まずは肌のクールダウン
肌が火照っているようであれば、まずは肌を冷やして熱をとります。ここでしっかり冷やすことが重要です。
日焼けをしてすぐに美白ケアを行うのはNGです。普段使用している化粧水は肌にしみたりすることがります。美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう。

■たっぷり保湿
肌をクールダウンさせた後は、乾燥したお肌にたっぷりと水分を与えて保湿をしましょう。お肌は紫外線により炎症をおこしている状態なので、少しでも負担を減らすためにパッティングは避けて手のひらで優しく顔を包み込むようにケアしましょう。
日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

■ビタミン補給でシミ・ソバカス対策
日焼けをしてしまったお肌には、内側からも栄養を取り入れましょう。日焼けのアフターケアに効果のある食べ物は、カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富な食べ物です。お肌の新陳代謝がよくなり、メラニンの生成を抑えます。
日焼け後にとても心配なシミ、ソバカスに効果のあるビタミンCが豊富な果物を摂るようにしましょう。またβカロチンが多く含まれる緑黄色野菜やかぼちゃ、にんじん、ブロッコリーなどの野菜、ビタミンEが多く含まれるアボガドやナッツなどといっしょに摂ると、ビタミンCの効果がアップします。

★カロチン(ビタミンA)→かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、だいこんの葉…
カロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。抗酸化作用と免疫機能を高める働きがあります。

★ビタミンC→レモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモ…
紫外線を浴びた肌が、メラニンを作る働きをブロックするので、シミ・そばかすに効果的です。抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り、肌の老化を防ぎます。長期間にわたって内服すれば、シミもある程度薄くなることがあります。

★ビタミンE→アボカド、ナッツ、ゴマ、大豆…
強い抗酸化作用のあるビタミン。ビタミンCといっしょに働くと、なおパワーアップします!なので、ビタミンEとCはセットで摂りましょう。その他、ビタミンEには血行促進作用があるため冷え性にも効果があります。さらに「血行促進作用」には、皮膚の新陳代謝を高め、表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるため、シミ・ソバカスを防止する美肌効果も期待できます。
※ビタミンEは熱に弱いので、効率よく摂るには生食のものがより効果的です。

 - 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , ,

  関連記事

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。