20代女性の美容

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。
うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。


■まずは肌のクールダウン
肌が火照っているようであれば、まずは肌を冷やして熱をとります。ここでしっかり冷やすことが重要です。
日焼けをしてすぐに美白ケアを行うのはNGです。普段使用している化粧水は肌にしみたりすることがります。美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう。

■たっぷり保湿
肌をクールダウンさせた後は、乾燥したお肌にたっぷりと水分を与えて保湿をしましょう。お肌は紫外線により炎症をおこしている状態なので、少しでも負担を減らすためにパッティングは避けて手のひらで優しく顔を包み込むようにケアしましょう。
日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

■ビタミン補給でシミ・ソバカス対策
日焼けをしてしまったお肌には、内側からも栄養を取り入れましょう。日焼けのアフターケアに効果のある食べ物は、カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富な食べ物です。お肌の新陳代謝がよくなり、メラニンの生成を抑えます。
日焼け後にとても心配なシミ、ソバカスに効果のあるビタミンCが豊富な果物を摂るようにしましょう。またβカロチンが多く含まれる緑黄色野菜やかぼちゃ、にんじん、ブロッコリーなどの野菜、ビタミンEが多く含まれるアボガドやナッツなどといっしょに摂ると、ビタミンCの効果がアップします。

★カロチン(ビタミンA)→かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、だいこんの葉…
カロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。抗酸化作用と免疫機能を高める働きがあります。

★ビタミンC→レモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモ…
紫外線を浴びた肌が、メラニンを作る働きをブロックするので、シミ・そばかすに効果的です。抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り、肌の老化を防ぎます。長期間にわたって内服すれば、シミもある程度薄くなることがあります。

★ビタミンE→アボカド、ナッツ、ゴマ、大豆…
強い抗酸化作用のあるビタミン。ビタミンCといっしょに働くと、なおパワーアップします!なので、ビタミンEとCはセットで摂りましょう。その他、ビタミンEには血行促進作用があるため冷え性にも効果があります。さらに「血行促進作用」には、皮膚の新陳代謝を高め、表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるため、シミ・ソバカスを防止する美肌効果も期待できます。
※ビタミンEは熱に弱いので、効率よく摂るには生食のものがより効果的です。

 - 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , ,

  関連記事

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

ビタミンCがもたらす美容効果

ビタミンCとは レモンやアセロラなどに多く含まれ、健康志向の強い近頃ではジュースやお菓子、はたまた加工食品などにも必ずと言っていいほど入っている栄養素それがビタミンCです。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

大人ニキビは内面からケア

大人ニキビの原因とは?? 大人ニキビの最大の原因は内面的なものなのです。 肌の悩みで必ず上位に食い込む「大人ニキビ」。お悩みの方も多いと思います。

背中のシミは要注意

■背中のシミの原因 背中にシミができることはよくあります。しかも自分では見えないところなので、気づかない人も多いのです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

肌を内側から美しくする食事のとり方

肌を美しくする食べ物といえば、まずビタミン。 特に必要なのは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE。これらは、紫外線のダメージをくいとめる作用があり、肌の老化を防ぐために非常に重要なもの。これらを毎日の食事で上手にとる2つのポイン …

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

美容と健康に効く豆乳パワー

豆乳(とうにゅう)は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、かすを漉した飲料です。豆乳は、牛乳に似た外観と食味がある。そのままの豆乳には特有の青臭さがあり飲みづらいため、砂糖などで甘みを加えたものも販売されています。