20代女性の美容

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。
うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。


■まずは肌のクールダウン
肌が火照っているようであれば、まずは肌を冷やして熱をとります。ここでしっかり冷やすことが重要です。
日焼けをしてすぐに美白ケアを行うのはNGです。普段使用している化粧水は肌にしみたりすることがります。美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう。

■たっぷり保湿
肌をクールダウンさせた後は、乾燥したお肌にたっぷりと水分を与えて保湿をしましょう。お肌は紫外線により炎症をおこしている状態なので、少しでも負担を減らすためにパッティングは避けて手のひらで優しく顔を包み込むようにケアしましょう。
日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

■ビタミン補給でシミ・ソバカス対策
日焼けをしてしまったお肌には、内側からも栄養を取り入れましょう。日焼けのアフターケアに効果のある食べ物は、カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富な食べ物です。お肌の新陳代謝がよくなり、メラニンの生成を抑えます。
日焼け後にとても心配なシミ、ソバカスに効果のあるビタミンCが豊富な果物を摂るようにしましょう。またβカロチンが多く含まれる緑黄色野菜やかぼちゃ、にんじん、ブロッコリーなどの野菜、ビタミンEが多く含まれるアボガドやナッツなどといっしょに摂ると、ビタミンCの効果がアップします。

★カロチン(ビタミンA)→かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、だいこんの葉…
カロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。抗酸化作用と免疫機能を高める働きがあります。

★ビタミンC→レモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモ…
紫外線を浴びた肌が、メラニンを作る働きをブロックするので、シミ・そばかすに効果的です。抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り、肌の老化を防ぎます。長期間にわたって内服すれば、シミもある程度薄くなることがあります。

★ビタミンE→アボカド、ナッツ、ゴマ、大豆…
強い抗酸化作用のあるビタミン。ビタミンCといっしょに働くと、なおパワーアップします!なので、ビタミンEとCはセットで摂りましょう。その他、ビタミンEには血行促進作用があるため冷え性にも効果があります。さらに「血行促進作用」には、皮膚の新陳代謝を高め、表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるため、シミ・ソバカスを防止する美肌効果も期待できます。
※ビタミンEは熱に弱いので、効率よく摂るには生食のものがより効果的です。

 - 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , ,

  関連記事

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

サプリでシミは消える

シミ・シワの改善には、ビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにするとかなり効果があります。シミの原因となるメラニン色素の生成をおさえ、紫外線から肌を守る「ビタミンC」、活性酸素を除去して紫外線による酸化を防ぐ「ビタミンE」やまたアスタキ …

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。