20代女性の美容

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。
うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。


■まずは肌のクールダウン
肌が火照っているようであれば、まずは肌を冷やして熱をとります。ここでしっかり冷やすことが重要です。
日焼けをしてすぐに美白ケアを行うのはNGです。普段使用している化粧水は肌にしみたりすることがります。美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう。

■たっぷり保湿
肌をクールダウンさせた後は、乾燥したお肌にたっぷりと水分を与えて保湿をしましょう。お肌は紫外線により炎症をおこしている状態なので、少しでも負担を減らすためにパッティングは避けて手のひらで優しく顔を包み込むようにケアしましょう。
日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

■ビタミン補給でシミ・ソバカス対策
日焼けをしてしまったお肌には、内側からも栄養を取り入れましょう。日焼けのアフターケアに効果のある食べ物は、カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富な食べ物です。お肌の新陳代謝がよくなり、メラニンの生成を抑えます。
日焼け後にとても心配なシミ、ソバカスに効果のあるビタミンCが豊富な果物を摂るようにしましょう。またβカロチンが多く含まれる緑黄色野菜やかぼちゃ、にんじん、ブロッコリーなどの野菜、ビタミンEが多く含まれるアボガドやナッツなどといっしょに摂ると、ビタミンCの効果がアップします。

★カロチン(ビタミンA)→かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、だいこんの葉…
カロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。抗酸化作用と免疫機能を高める働きがあります。

★ビタミンC→レモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモ…
紫外線を浴びた肌が、メラニンを作る働きをブロックするので、シミ・そばかすに効果的です。抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り、肌の老化を防ぎます。長期間にわたって内服すれば、シミもある程度薄くなることがあります。

★ビタミンE→アボカド、ナッツ、ゴマ、大豆…
強い抗酸化作用のあるビタミン。ビタミンCといっしょに働くと、なおパワーアップします!なので、ビタミンEとCはセットで摂りましょう。その他、ビタミンEには血行促進作用があるため冷え性にも効果があります。さらに「血行促進作用」には、皮膚の新陳代謝を高め、表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるため、シミ・ソバカスを防止する美肌効果も期待できます。
※ビタミンEは熱に弱いので、効率よく摂るには生食のものがより効果的です。

 - 美容に効く食べ物, 美容の話, 美肌を保つ , ,

  関連記事

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。 一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。 けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。