20代女性の美容

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。
一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。
けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。


そして人は話す時に、目元と口元をよく見るという。目から口へと視線を移行する時、目に入るのは、――そう、鼻。
いくら隠したつもりでも、プツプツと突起した白いもの、さらにはイチゴのように黒い斑点が点在、皮脂でのてかりなど、隠しきれないトラブルがにじみ出ていたとしたら……。
好印象どころか、不潔な印象も与えかねない。せっかく、相手との距離を縮めたいと思っても、この“鼻トラブル”のせいで躊躇していたとしたら、もったいない! どんなに近くから見られても怖くない、無敵の“鼻”毛穴を、今こそ育んで。
「毛穴周りには、皮脂分泌をする皮脂腺、タンパク質や皮脂が多いベタッとした汗を出すアポクリン汗腺、さらりと水のような汗を出すエクリン汗腺があります」と片桐先生。
★毛穴のしくみ
毛穴の果たす役割とはなんでしょうか?「名前の通り、体毛がある場所です。毛には皮膚を守る役割があります。人間の進化により、体毛は退化しつつあると言われていますが…。他に、皮脂腺から出る皮脂には、肌の上に保護膜を作って保湿したり、汗を出すことで体温調節をするという役割があります」。
★毛穴ケアのポイント
20代後半になると、皮膚の水分保持力と、肌内部のコラーゲン生産量が低下し、徐々に毛穴が目立ってきます。これは避けられません。また顔には20万個もの毛穴があるそう。そもそも毛穴をなくすことは不可能なのだから目立つのが気になるからといってケアのやりすぎはNG。正しいこまめなケアこそ、毛穴目立ちの最大の撃退法。
★毛穴の原因はつまり・黒ずみ
角栓とは、鼻の周りやあごなど、皮脂分泌量が多い部分にできるもの。古い角質細胞や皮脂、汚れなどが混ざって、毛穴を栓のように塞いでしまう状態のこと。
どんな毛穴にもあるものだけれど、これをそのまま放置していると、毛穴の入り口が広がって固くなり、さらに空気に触れることで酸化して黒ずみとなってしまう。

 - 美容の話

  関連記事

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

小麦胚芽に含まれる美容成分

小麦胚芽には若返り・便秘解消など、女性が特に注目しているテーマを解消させる健康効果があるのです。 まず、小麦胚芽についてご説明します。小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことで、発芽の時に核となるとても重要な部分の為、優れた栄養素が集中し …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギー …

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。