20代女性の美容

毛穴の原因はつまりと黒ずみ

人と接する際の物理的な距離を「パーソナルスペース」という。
一般的に言われている、家族や友人、恋人など、親しい人と接して心地良い距離が約45cm。
けれど「45cm」はビジネスシーンでも意外と多い距離。例えば会議室で、小さなテーブルで。


そして人は話す時に、目元と口元をよく見るという。目から口へと視線を移行する時、目に入るのは、――そう、鼻。
いくら隠したつもりでも、プツプツと突起した白いもの、さらにはイチゴのように黒い斑点が点在、皮脂でのてかりなど、隠しきれないトラブルがにじみ出ていたとしたら……。
好印象どころか、不潔な印象も与えかねない。せっかく、相手との距離を縮めたいと思っても、この“鼻トラブル”のせいで躊躇していたとしたら、もったいない! どんなに近くから見られても怖くない、無敵の“鼻”毛穴を、今こそ育んで。
「毛穴周りには、皮脂分泌をする皮脂腺、タンパク質や皮脂が多いベタッとした汗を出すアポクリン汗腺、さらりと水のような汗を出すエクリン汗腺があります」と片桐先生。
★毛穴のしくみ
毛穴の果たす役割とはなんでしょうか?「名前の通り、体毛がある場所です。毛には皮膚を守る役割があります。人間の進化により、体毛は退化しつつあると言われていますが…。他に、皮脂腺から出る皮脂には、肌の上に保護膜を作って保湿したり、汗を出すことで体温調節をするという役割があります」。
★毛穴ケアのポイント
20代後半になると、皮膚の水分保持力と、肌内部のコラーゲン生産量が低下し、徐々に毛穴が目立ってきます。これは避けられません。また顔には20万個もの毛穴があるそう。そもそも毛穴をなくすことは不可能なのだから目立つのが気になるからといってケアのやりすぎはNG。正しいこまめなケアこそ、毛穴目立ちの最大の撃退法。
★毛穴の原因はつまり・黒ずみ
角栓とは、鼻の周りやあごなど、皮脂分泌量が多い部分にできるもの。古い角質細胞や皮脂、汚れなどが混ざって、毛穴を栓のように塞いでしまう状態のこと。
どんな毛穴にもあるものだけれど、これをそのまま放置していると、毛穴の入り口が広がって固くなり、さらに空気に触れることで酸化して黒ずみとなってしまう。

 - 美容の話

  関連記事

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

正しい洗顔でシミ・シワ対策

顔を洗ったあと、すぐに化粧水や乳液をつけることが習慣になっていませんか。 でも、これは肌を過保護にすることになり、決してよいことではありません。

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。