20代女性の美容

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。
酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

酵素とは、動物や植物が生きていくのに欠かせない栄養素です。また、老廃物を排出する、腸内環境を整える、老化の原因となる活性酸素を排除する、などの働きもあります。体内にある酵素は、主に消化に使われ余った酵素が代謝として働きます。ところが高脂肪・高タンパクの食事や夜更かしなどの生活習慣を続けていると、消化不良によって必要以上に酵素を消費してしまい、うまく代謝機能が働かず新陳代謝も低下して痩せにくい体質となってしまいます。ニオイの強い便が出たり、便秘になったりするのは、腸内の悪玉菌が増え、腸が汚れている証拠です。注意しましょう。
酵素を消化と代謝にバランス良く振り分けることで、腸が綺麗になり活発に働き、余った酵素は代謝として働くので、痩せやすい体をつくことができるのです。

酵素の取り方

酵素を多く含む食品は、 パパイヤ、アボガド、キウイ、バナナ、マンゴー、レタス、キャベツ、ニンジン、セロリ、納豆、漬物、味噌、しょうゆ、などがあります。野菜や果物などに多く含まれる酵素は食物酵素と呼ばれ、熱に弱く、加熱せずに生のまま食べることで摂取することができます。日常の食事にいくら気を遣い、バランスよく栄養素を補給しようと心がけたとしても、酵素が不足している体は、吸収する栄養素も半減してしまうというので酵素を多く含んでいる食物を忘れずに取り入れましょう。
代謝のよい体づくりは朝が肝心です。朝食にフレッシュジュースをおすすめします。フルーツは糖分が多い、体を冷やして代謝を下げるといった認識をされている方も多いと思いますが、フルーツの甘さは果糖やブドウ糖でとても消化がよく、すぐにエネルギーに変わります。低カロリーでもあるので甘いものが食べたい欲求を満たしてくれ、ダイエットには最適です。ただし、フレッシュジュースにした酵素は酸化が早まりますので、飲む直前にミキサーにかけましょう。
忙しくて酵素食品を準備できない方は、手軽に始めたい方はサプリメントや酵素ドリンクで摂取することができます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美肌を保つ , ,

  関連記事

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

基礎代謝を上げてお手軽ダイエット

■基礎代謝を上げる方法 筋肉が増えると、何もしないでも消費されるカロリー、つまり基礎代謝量が上がります。では、筋肉をつけるにはどうしたらいいでしょうか。まずは運動。運動を「毎日続ける」ことが大事です。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

リンパマッサージですっきりフェイスライン

フェイスラインをすっきりさせるために効果的なのがリンパマッサージです。小顔になるためには、リンパマッサージのポイントを押さえましょう。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …