20代女性の美容

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。
酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

酵素とは、動物や植物が生きていくのに欠かせない栄養素です。また、老廃物を排出する、腸内環境を整える、老化の原因となる活性酸素を排除する、などの働きもあります。体内にある酵素は、主に消化に使われ余った酵素が代謝として働きます。ところが高脂肪・高タンパクの食事や夜更かしなどの生活習慣を続けていると、消化不良によって必要以上に酵素を消費してしまい、うまく代謝機能が働かず新陳代謝も低下して痩せにくい体質となってしまいます。ニオイの強い便が出たり、便秘になったりするのは、腸内の悪玉菌が増え、腸が汚れている証拠です。注意しましょう。
酵素を消化と代謝にバランス良く振り分けることで、腸が綺麗になり活発に働き、余った酵素は代謝として働くので、痩せやすい体をつくことができるのです。

酵素の取り方

酵素を多く含む食品は、 パパイヤ、アボガド、キウイ、バナナ、マンゴー、レタス、キャベツ、ニンジン、セロリ、納豆、漬物、味噌、しょうゆ、などがあります。野菜や果物などに多く含まれる酵素は食物酵素と呼ばれ、熱に弱く、加熱せずに生のまま食べることで摂取することができます。日常の食事にいくら気を遣い、バランスよく栄養素を補給しようと心がけたとしても、酵素が不足している体は、吸収する栄養素も半減してしまうというので酵素を多く含んでいる食物を忘れずに取り入れましょう。
代謝のよい体づくりは朝が肝心です。朝食にフレッシュジュースをおすすめします。フルーツは糖分が多い、体を冷やして代謝を下げるといった認識をされている方も多いと思いますが、フルーツの甘さは果糖やブドウ糖でとても消化がよく、すぐにエネルギーに変わります。低カロリーでもあるので甘いものが食べたい欲求を満たしてくれ、ダイエットには最適です。ただし、フレッシュジュースにした酵素は酸化が早まりますので、飲む直前にミキサーにかけましょう。
忙しくて酵素食品を準備できない方は、手軽に始めたい方はサプリメントや酵素ドリンクで摂取することができます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美肌を保つ , ,

  関連記事

ストレッチでカラダも心もリラックス

意識して 体を伸ばすかそうでないかで、カラダのコンディションは大きく違ってきます。 例えば、体が硬い人は股関節周辺の筋肉が固くてと大股で歩けなかったり、猫背や、ケガをしやすかったりなります。

20歳を過ぎると減り続けるコラーゲン

コラーゲンはアミノ酸を主成分とした繊維状のたんぱく質です。 細胞と細胞の“つなぎ”のようなはたらきをしていて、皮膚に潤いと弾力を与え、ハリのあるしなやかな肌をつくってくれます。

生理とむくみの関係

生理によるむくみは、女性ホルモンの影響により引き起こります。症状の度合いには個人差がありますが、生理前に起こる憂鬱をすこしでも解消するために積極的に採りたい栄養素があります、悩んでいる方は普段の食生活から積極的にとりいれてみると良いかと思わ …

風邪と肌荒れの関係性

風邪を引いたときに、同時にお肌が荒れた経験はありませんか? 風邪で体がだるい中、顔中に白いぷつぷつしたできものができてしまっては、気持ちまで滅入ってしまいますね。なぜ風邪を引くと肌荒れが起こるのかというと、風邪を引き起こすウイルスをやっつけ …

グレープフルーツでダイエット

グレープフルーツの主な成分は、ビタミンC、ビタミンP、クエン酸、リモネンです。 その中のリモネンには食欲抑える効果や精神をリラックスさせてくれ血行促進効果があります。 また、ヌートカトンという香りの成分もあり交感神経を活性化してUCPを多く …

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

プロテインダイエットでマイナス5キロ

プロテインとはタンパク質のことをいいます。 タンパク質は体の基本構造と機能をつくり、体の成分の中では水分を除いて一番多いものです。そして体の組織の成長と発達、筋肉、骨の基を、心臓、脳、皮膚、毛髪、爪などの体の構造や血液や抗体などの成分をつく …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

ウォーキングの前に無酸素運動を取り入れて脂肪を効率よく燃焼させよう

ダイエットをしたいけど過度な食事制限や運動はちょっと・・・という方は、まずウォーキングからはじめてみてはいかがですか? ジョギングやスポーツと比べると消費カローリーは低いものの、ウォーキングは有酸素運動で体脂肪を燃やす効果があり、ウォーキン …