20代女性の美容

酵素ダイエットで体内から美人に

酵素は健康な毎日を過ごすのに必要不可欠な成分です。
酵素を上手に摂取することで、太りにくく、痩せやすい体をつくることができます。

酵素とは、動物や植物が生きていくのに欠かせない栄養素です。また、老廃物を排出する、腸内環境を整える、老化の原因となる活性酸素を排除する、などの働きもあります。体内にある酵素は、主に消化に使われ余った酵素が代謝として働きます。ところが高脂肪・高タンパクの食事や夜更かしなどの生活習慣を続けていると、消化不良によって必要以上に酵素を消費してしまい、うまく代謝機能が働かず新陳代謝も低下して痩せにくい体質となってしまいます。ニオイの強い便が出たり、便秘になったりするのは、腸内の悪玉菌が増え、腸が汚れている証拠です。注意しましょう。
酵素を消化と代謝にバランス良く振り分けることで、腸が綺麗になり活発に働き、余った酵素は代謝として働くので、痩せやすい体をつくことができるのです。

酵素の取り方

酵素を多く含む食品は、 パパイヤ、アボガド、キウイ、バナナ、マンゴー、レタス、キャベツ、ニンジン、セロリ、納豆、漬物、味噌、しょうゆ、などがあります。野菜や果物などに多く含まれる酵素は食物酵素と呼ばれ、熱に弱く、加熱せずに生のまま食べることで摂取することができます。日常の食事にいくら気を遣い、バランスよく栄養素を補給しようと心がけたとしても、酵素が不足している体は、吸収する栄養素も半減してしまうというので酵素を多く含んでいる食物を忘れずに取り入れましょう。
代謝のよい体づくりは朝が肝心です。朝食にフレッシュジュースをおすすめします。フルーツは糖分が多い、体を冷やして代謝を下げるといった認識をされている方も多いと思いますが、フルーツの甘さは果糖やブドウ糖でとても消化がよく、すぐにエネルギーに変わります。低カロリーでもあるので甘いものが食べたい欲求を満たしてくれ、ダイエットには最適です。ただし、フレッシュジュースにした酵素は酸化が早まりますので、飲む直前にミキサーにかけましょう。
忙しくて酵素食品を準備できない方は、手軽に始めたい方はサプリメントや酵素ドリンクで摂取することができます。

 - ダイエット・カロリー消費, 美容に効く食べ物, 美肌を保つ , ,

  関連記事

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

肌を内側から美しくする食事のとり方

肌を美しくする食べ物といえば、まずビタミン。 特に必要なのは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE。これらは、紫外線のダメージをくいとめる作用があり、肌の老化を防ぐために非常に重要なもの。これらを毎日の食事で上手にとる2つのポイン …

美容と健康に効く豆乳パワー

豆乳(とうにゅう)は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、かすを漉した飲料です。豆乳は、牛乳に似た外観と食味がある。そのままの豆乳には特有の青臭さがあり飲みづらいため、砂糖などで甘みを加えたものも販売されています。

大人ニキビは内面からケア

大人ニキビの原因とは?? 大人ニキビの最大の原因は内面的なものなのです。 肌の悩みで必ず上位に食い込む「大人ニキビ」。お悩みの方も多いと思います。

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

日焼けをしてしまった後のスキンケア

海やプールに行って、しっかり日焼け止めをぬったつもりでも、完全に紫外線をカットするこはできません。 うっかり日焼けをしてしまった時は、アフターケアでお肌をいたわりましょう。

ほうれい線の3つの原因

「どんなにバッチリとメイクしても…」どんなにバッチリとメイクしても、時間が経つとファンデがよれてほうれい線に溜まってしまったり、これだけですごく疲れた印象になりますよね、自分が写っている写真を客観的に見て、クッキリと入ったほうれい線にゾッと …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。