20代女性の美容

姿勢を正してすっきりフェイスライン

顔は一番痩せにくい場所といわれています。
なぜ顔がやせにくいのでしょうか、その原因はリンパと筋肉に関係があるといわれています。まずは顔が太る原因を考えてみましょう。


成人した人の頭の重さはおよそ5キロといわれています。私達は細い首で5キロもの頭を支えて日々生活しているのです。5キロといえば、500ml入りのペットボトル10本、お米5キロです。これらを頭の上にのせて歩いているのです。そのため、首には多くに負担がかかりやすく、首とつながっている顔にその負担がかかりやすいのです。

顔につく脂肪は筋肉の衰えはもちろん、立っているときの姿勢、座っている時の姿勢が原因で顔のむくみにつながり、やがてそれがたるみとなり老け顔につながります。
食事のとき、噛む回数が減ると、筋肉が弱ってきます。これは、アゴの下がたるんでしまう原因になります。アゴの周辺はリンパ管やリンパ節が集中しています。筋肉の衰えによって、このリンパの流れに滞りがおきると、アゴの下がむくみ、二重アゴになります。
首や肩のコリが強いと、首が前のめりになる姿勢になりがちです。すると、アゴ周辺の筋肉の動きを妨げ、二重アゴになりやすくなります。
猫背になると、肋骨・骨盤が広がる→内臓が下垂する→骨が広がる。→そして、むくみとたるみにつながるので、猫背な方は顔のシェイプアップと共に、猫背を改善をしましょう。
歩いている時や立っている時には姿勢が悪いわけではないのに、座っている時には猫背になっている人がいます。こうした場合には、座り方を見直さなくてはなりません。
座っている間は、ただでさえ腰に大きな負担がかかります。まして猫背になっていれば、ますますその負担が大きくなってしまうので、腰痛を引き起こしかねません。まずはどのような座り方をしているのかチェックしてみましょう。椅子の高さは合っているのか、脚を組んでいないか、机との距離は広すぎていないか、パソコンを使うならキーボードは離れすぎていないのか、このような点を確認してください。
ほおづえを付くと体が前のめりになって猫背の原因になるので、こうした姿勢を避けましょう。楽に思えても、長時間続けると疲労もたまるので、結局はメリットがありません。
また、頬づえをつく姿勢がクセになると首や背中に負担がかかります。このような姿勢がクセになっている方は、これが後々、ボディーラインにも影響を与えるかもしれせん。少しずつ背骨のカーブや肩甲骨の位置が変化するような筋肉の硬さが生じ、その結果、姿勢を始め首や腕を支える筋肉の負担が増えてしまうのです。
『足を組むと体が楽に感じるし落ち着く。』という方がいらしゃいます。しかし実際は体が傾くため、姿勢を維持するための筋肉を過度に使わなくてはなりません。足を組むことが習慣になってしまうと、まっすぐ立っているつもりが、姿勢が歪んで見えてしまうことも。
さらに、骨盤・腰部の筋肉にアンバランスが生じ、ウエストのくびれの位置や角度までもが違ってしまいます。日頃の「楽な姿勢」の中には、肩こりや腰痛を起こす原因となるものが意外と多いのです。

■フェイスラインすっきりマッサージ

① まず、耳の後ろのくぼみに親指をかけ、斜め後ろにぐっと2回押します。ほうれい線だけでなく、頬や顔全体をケアすることで薄くなります。このマッサージは耳下腺リンパに流すマッサージの基本です。

②唇を「ウ」の形にし、突き出します。そのまま親指と他の指でL字を作り、ヤッホーのように顔にはめる。人差し指の側面が鼻の脇に、親指があごの下になるようにしましょう。頬のむくみを流してくれます。

③ 作ったL字をそのまま頬の真横にずらしていきます。人差し指の側面で頬をずずっと押し出すように、強めの力で2回滑らせましょう。頬にあるむくみがこめかみの方に流れるイメージしてみてください。

④ 小鼻の横にあるくぼんだ部分に中指の腹を当て、強めの力で1回押し上げます。ここを押して痛い人は老廃物がたまっている証拠。鼻の脇には老廃物を運ぶ太い静脈が通っているのです。

⑤ 次に耳の上の生え際を片手で引き上げながら、耳の前の上下の付け根、中央のくぼんでいる部分の3カ所を上から1回ずつ押します。側頭筋を引き上げることで顔全体がリフトアップします!

 - 小顔になるには , , , , , ,

  関連記事

朝のむくみ解消が化粧持ちの良さにつながる?!

一日の生活の中で、むくみが起こるのは、朝起きた時と、デスクワークや立ち仕事で長時間同じ態勢でいた時です。

リンパマッサージですっきり小顔

顔には、表情をつくるための筋肉(表情筋)が30種類以上ありそれが、さまざまな表情を作っているのです。 でも、毎日の生活の中で、あまり表情を動かさずにいたりすることや、かむ時のくせや凝視する時のくせなどで顔の筋肉もかたくなってしまうのです。そ …