20代女性の美容

ハワイアンロミロミマッサージで心から癒しを

★ハワイアンロミロミとは
ロミロミとはハワイに古くから伝わる伝統的な癒しの技術です。オイルを用い、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、ロミロミを行なう側(ロミロミセラピスト)が相手を癒すのではなく、自然のエネルギーがセラピストを通して相手に伝わって癒していく、というのがロミロミの概念。


そのため、「世界で最もスピリチュアルなヒーリングの一つ」とも言われています。
★ロミロミの歴史
古代ハワイアンは、人の身体のもつ生命力を重視してきました。
生命力を高め、身体と心を浄化し、スピリチュアルなエネルギーを高めるための神聖な儀式として行なわれてきたのがロミロミでした。
ハワイ語で「揉む・マッサージする・手から伝わる愛情」という意味を持つロミロミは王族のみが受けられる「癒し」の手法であったと共に、その手法は「クム」と呼ばれる限られた家系だけに受け継がれてきました。
つまり、長いハワイの歴史の中で、限られた人々の間だけで行なわれてきた「秘技」だったのです。その門外不出の技術を、禁を破って1973年に一般の人々に広めたのが、アンティ・マーガレット・マシャド女史でした。ここからロミロミが一般へと普及し、新たな歴史が幕を開けたのです。
★ロミロミの効果
血液の循環を促進させリンパの流れを促すことで新陳代謝が高まり、老廃物を体外に流しやすくします。また内蔵本来の機能を向上させ人間が持つ「自然治癒力」も高まります。
血液やリンパの流れが良くなると、硬くなった筋肉がほぐれ凝りや冷え、むくみが取れやすくなります。 内蔵機能が高まり、便秘解消にも効果が期待できます。 新陳代謝が高まると基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になります。

 - 美容の話

  関連記事

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

たるんだ背中のお肉や脇の下のお肉はリンパマッサージで解消!

背中や、わきの下のお肉がたるむ原因は、姿勢が大きく影響します。 猫背や背中を丸めていると、リンパの流れが悪くなりたるみやすくなるのです。 まずは、姿勢を正すことからはじめましょう。普段の生活の中で背中の筋肉を使ってあげれば、必ず筋肉はひきし …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

二枚爪の原因は乾燥とたんぱく質不足

爪が割れたり、二枚爪になる原因は乾燥やたんぱく質の不足によるものが大半です。指先をよく使う人、水仕事をしている人に多く見受けられます。 また、マニキュアや除光液は爪に大きな負担をかけ、二枚爪の原因につながります。 除光液を使った後、爪が白っ …

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

ダイエットにはビタミンB2

ビタミンB2は脂肪が燃焼するときに多く消費されるのでダイエットには不可欠です。 その他には皮膚や毛髪の新生や体の成長をサポートしてくれたり、過酸化脂質の分解を促進してくれるので、動脈硬化や老化などの進行をおくらせる効果があります。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。