20代女性の美容

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。


あらゆる栄養素をバランス良く食べることが、ダイエットにも健康にも大切なわけですが、ダイエットの強い味方となってくれる栄養素があるのをご存知ですか?そう、ビタミンB群です。
ビタミンB1、B2、B6、B12などをまとめてビタミンB群と呼ぶわけですが、これらビタミンB群には、うれしいダイエット効果があります。摂取した脂質や糖質が、エネルギーとして燃えるのを手伝い、促進して、脂肪として蓄えられちゃうのを妨げてくれるんです。この効果はバカにできません。
たとえば、同じカロリーのものを食べても、ビタミンB群の多い食事の方が、脂質や糖質がエネルギーとして使われやすくなるということです。カロリーを気にするのももちろん大事ですが、栄養バランスを考えることもダイエットには効果的なんです。
ビタミンB2が多く含まれている食材は?
“ビタミンB2の1日の所要量は、成人男性で1.2mg、成人女性で1.0mgといわれています。この量をなるべくクリアするには、身近な食品の中で、ビタミンB2の多い食品を知っておく必要があります。
納豆(0.56㎎)をはじめ、豆腐や豆乳といった大豆系食品にはビタミンB2が多いです。また肉や魚(サバ0.54㎎)にも多く含まれます。野菜や乳製品、きのこ類にもビタミンB群が豊富に含まれている食品が多くあります。
ビタミンB群には、ダイエット効果だけでなく、肌や髪の健康を保ってくれるなど、美容にもうれしい効果があります。どうしてもビタミンBが不足してるな~と思う人は、補助的な意味でサプリメントで摂取してみてもいいかもしれません。なるべく品目数の多いヘルシーな食生活で、健康美人を目指しちゃってくださいね
1日、2日の食事制限や運動なら頑張れますがダイエットは持続させることが大切。そしてダイエットに成功したらそのライフスタイルを自分のものにし維持していかなければなりません。そぉはいってもハードなダイエットを続けるのはなかなか難しいのが現実です。無理をしてダイエットをするのではなく無理せず日常生活に組み込んで効率よく取り組みましょう♪

 - 美容の話

  関連記事

女性らしさの源を探る

ぷるぷるでしっとりとした肌、ツヤのある髪、女性らしいボディライン、これらはすべて女性ホルモンである「エストロゲン」の働きが大きく影響しているのです。このホルモンの働きによって、女性の美と健康はつくられているのです。

自まつげのメンテナンス・まつげにいい食べ物は

今急速に人気を集めているマツゲエクステですが、これは自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めておこなえるものです。美容の選択肢を広げるためにも自まつ毛のメンテナンスがとても重要になります。

足のむくみを放置すると・・・セルライトに

●長時間デスクワークで夕方になると足がむくんでだるい ●上半身はスリムなのに下半身がむくむ ●ふくらはぎが太くて何とかしたい ●足のむくみを放っておくとセルライトに発展する ●ふくらはぎがむくんで、足がだるい

睡眠と美容

◆ターンオーバーの周期の乱れ 睡眠が十分にとれない日が続くと『目の下にクマができる』『ニキビや吹き出物ができる』『肌がくすむ』『肌荒れをおこす』『乾燥する』などいろいろなスキントラブルが起こります。

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。 これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。そこで、化粧直しが必要になります。

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

首のしわ対策

首のしわの原因としては肌のたるみが考えられます。 顔全体の筋肉が衰えてしまって顔がたるんできます。そうするとそのたるみが首まで及びそのため首のしわとなって現れてくるのです。ということは首のしわをなくすためには首だけではないということです。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。

紫外線対策は3月から

■シミの原因 ①日焼け 「シミの原因は?」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。「シミのもと」は紫外線などの刺激でできた過剰なメラニンです。