20代女性の美容

ビタミンB2はダイエットとお肌に効く一石二鳥な栄養素!!

ダイエットというと、食事の量を減らし、揚げ物などの高カロリーな食べ物を控えたり、辛い運動でエネルギーを消費させ事だけ考えてしまいがちですが、食事内容、つまり栄養バランスに気を配ることも大事な大事なポイントです。


あらゆる栄養素をバランス良く食べることが、ダイエットにも健康にも大切なわけですが、ダイエットの強い味方となってくれる栄養素があるのをご存知ですか?そう、ビタミンB群です。
ビタミンB1、B2、B6、B12などをまとめてビタミンB群と呼ぶわけですが、これらビタミンB群には、うれしいダイエット効果があります。摂取した脂質や糖質が、エネルギーとして燃えるのを手伝い、促進して、脂肪として蓄えられちゃうのを妨げてくれるんです。この効果はバカにできません。
たとえば、同じカロリーのものを食べても、ビタミンB群の多い食事の方が、脂質や糖質がエネルギーとして使われやすくなるということです。カロリーを気にするのももちろん大事ですが、栄養バランスを考えることもダイエットには効果的なんです。
ビタミンB2が多く含まれている食材は?
“ビタミンB2の1日の所要量は、成人男性で1.2mg、成人女性で1.0mgといわれています。この量をなるべくクリアするには、身近な食品の中で、ビタミンB2の多い食品を知っておく必要があります。
納豆(0.56㎎)をはじめ、豆腐や豆乳といった大豆系食品にはビタミンB2が多いです。また肉や魚(サバ0.54㎎)にも多く含まれます。野菜や乳製品、きのこ類にもビタミンB群が豊富に含まれている食品が多くあります。
ビタミンB群には、ダイエット効果だけでなく、肌や髪の健康を保ってくれるなど、美容にもうれしい効果があります。どうしてもビタミンBが不足してるな~と思う人は、補助的な意味でサプリメントで摂取してみてもいいかもしれません。なるべく品目数の多いヘルシーな食生活で、健康美人を目指しちゃってくださいね
1日、2日の食事制限や運動なら頑張れますがダイエットは持続させることが大切。そしてダイエットに成功したらそのライフスタイルを自分のものにし維持していかなければなりません。そぉはいってもハードなダイエットを続けるのはなかなか難しいのが現実です。無理をしてダイエットをするのではなく無理せず日常生活に組み込んで効率よく取り組みましょう♪

 - 美容の話

  関連記事

春肌準備!!

日に日に夜明けが早くなってきましたね。 今朝も快晴で、いつもどおりの時間に目覚めたのに、一瞬「えっ、今何時?寝過ごした?!」と焦りました。

皮膚のかゆみ対策

誰にでも経験がある「肌のムズムズ」「かゆみ」。すぐに治まる程度のかゆみだと良いのですが、酷い場合には掻きむしって皮膚を傷つけてしまうこともあります。

ぷるぷるな唇のお手入れ方法

ご存知かもしれませんが、唇は肌の一部ではありません。口の中と同じ粘膜でできているのです。どちらかというと内臓に近いですね。 肌と同じように外気にさらされながら、大きく違うのは皮脂腺・汗腺がないこと。肌は、皮脂と汗で作られる天然のベール「皮脂 …

シミをできにくくするには

■しみ・シミが出来にくい肌にするには UVケア効果のある化粧品を使用して肌を紫外線から守り、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。 水分を多く含んだ肌は日焼けしにくいので、しみを防ぐことができるのです。

30歳から注意したい肝斑(かんぱん)

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲 …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

週に1度はノーメイク日を!

毎日のメイクでお疲れの肌に少しでも元気を取り戻してもらうために、週に一度ノーメイクで過ごしてみるのはいかがですか? 基礎化粧品でのケアを済ませたらもう何もつけない。下地も日焼け止めもファンデもつけないで、一日中家でまったり過ごす。ちょっとし …

ガサガサかかと 彼に見つかる前にツルツルに

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサじゃ、「百年の恋もさめる」って感じですよね。体の裏側、背中とか二の腕の裏とか、足裏、というのはそうそう人には見せない箇所です。

主婦のお悩み主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

あなたの見た目年齢は?!

実年齢は歳を重ねることしかできませんが、見た目年齢はいくらでも変えることができます。 明るめの服を着る。前髪を作る。しっとりとした肌を保つ。方法はいくらでもあるのです。