20代女性の美容

紫外線には種類がある

シミ1つない、白く透き通るような肌。本来の素肌がもつハリのある、輝く肌。
肌は年齢を重ねるごとに少しずつダメージをうけ、老化していきます。


シミ・くすみは、女性を老いて見せ、女性として美しくあることへの“諦め”への第一歩。また、肌荒れ・にきびは、表情に自信を失くし、暗い印象を与えます。
美肌は一度失ってしまうと、取り戻すのに三倍の時間と労力がかかります。そうなる前に、美肌を守ること、そしてダメージを受けた肌への早期治療が大切なのです。
ところでみなさん、美しい肌の条件はご存知ですか? 女性の肌を最も美しく見せる大切な要素は、「キメの細かさ」、2.「白さ」、3.「透明感」です。これは科学的にも証明されています。
それでは、これらの要素が失われる原因として、紫外線が関わっていることはご存知でしょうか。 「美白ケア、早くはじめなきゃ!」と思い始めたあなた、ちょっと待って。まずは紫外線のことをちょっとお勉強しましょう。知っているのと知らないのでは、1年後、5年後のお肌に大きな違いがでてきますよ。
★しみができるしくみ
シミは色素沈着によって起こる皮膚の異常。表皮に存在する色素細胞メラノサイトは、紫外線を受けると活性化して周囲の細胞にメラニンを供給し、紫外線から皮膚を守ろうとします。しかし、紫外線からの攻撃を受け続けていくうちに、一部のメラノサイトが暴走をはじめ、メラニンを供給し続けてしまい、これがシミとして皮膚に残るのです。
では、どうすればいいの?
できてしまったシミができる特有の肌状態にフォーカスした美白専用美容液を。気になる部分には2度に分けて丹念に擦り込みのがコツです。シミができてしまう前に、徹底した紫外線対策も心がけましょう
★紫外線には種類がある
紫外線は波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3種類に分かれます。
★UVAはシワ・たるみの原因
UVAは非常に量が多くガラスも通過し、部屋にいても届いてしまう、日々の暮らしの中で知らず知らずに浴びてしまう生活紫外線です。UVAは波長が長いため、表皮の奥、真皮にまで届きお肌にハリをもたらすコラーゲンやエラスチンなどをじわりじわりと破壊します。UVAはシミ、くすみだけでなく、シワやたるみを引き起こし、老化の大きな原因になっています。
★UVBはシミ、くすみの原因
皮膚の表面を黒くするのはUVBのによる影響で、レジャー紫外線とよばれ、シミ、ソバカス、くすみを引きおこし、皮膚ガンの原因になることもあります。
★UVC
UVCはオゾン層に吸収されますが、近年オゾン層がフロン等によって破壊され南極上空にはオゾンホールが確認され、日本でも札幌上空のオゾン量が減少気味であることが気象庁の測定で明らかになりました。
★油分の多い化粧品は要注意
オイルや皮脂は酸素や紫外線を浴びると酸化し過酸化脂質に変化して、シミやしわ・たるみなどの原因になります。ですので、お肌に残りやすいオイルをたっぷり含む化粧品はおすすめできません。特にメイクなど化粧品にふくまれるオイルや皮脂は5、6時間で過酸化脂質になるといわれています。必要でなくなったメイクはすぐに洗顔して過酸化脂質を取り除くことが大切といえます。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

お肌の為にかかせない化粧下地!!

化粧品の中でも、案外なおざりにされているのが、メイクアップベース。 「メイク前は化粧水と乳液だけで十分」という人もいます。 しかし、肌のためには化粧水、乳液を省いてでもメイクアップベースだけはつけましょう。

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

アサイーは女性がとりたい美容成分がたっぷり その栄養価は

最近話題のアサイーには女性がたくさん摂取したい栄養成分がたくさん含まれており、モデルをはじめ多くの女性の注目集めています。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

お肌のハリはを維持するには

年齢とともに肌は衰えていきます。 では、なぜ肌はたるんでしまうのでしょうか? 日常の何気ないしぐさもたるみの原因になっています。